人気ブログランキング |

作り手の思い。食べ手の意識。

自分が料理の作り手になるとき、
食べる相手のことを考えて作ることが多い。

栄養を考えて、野菜をたくさん使おうとか、
ちょっと外食が続いてるみたいだから、カロリー控えめにしようとか、
今日は元気がなさそうだから、スタミナのつくものにしようとか。

そうして作った料理を食べた相手に、
そこに込めたささやかな思いが伝わったとき、とても嬉しいと思うもの。

お店で食べる料理にも、
家で食べるごはんにも、
そこには作り手の思いがギュッと込められている。

日々、たくさんのシェフと会話をしていると、いつも思います。
「伝えたいこと、ほんとうに溢れるくらいたくさんあるんだな」って。
曲がりなりにも野菜や食について少しだけ詳しいべジバカが話を切り出すと
堰を切ったように、たくさんの話をしてくださる場面が多々あります。

今日の料理のこと。
使った食材のこと。
農家さんのこと。・・・
イキイキしながら、いろんな話をしてくださる。

そんな話を聞かせて頂くと、「美味しかったねー」だけじゃない、
何かすごく大切なものまでもらえたような、そんな気がするのです。

一皿の料理に込められた、シェフの思いや、その食材の作り手である生産者の思い。
それをちゃんと感じて、知って、さらには伝えていけたらいいなと
いつもべジバカは考えています。

作り手だけでなく、食べ手もちゃんと真摯に向き合って、意識して食べなくてはと思うのです。
日々の何気ない営みの中でも、そんな「意識すること」を忘れずにいたいと思う。

何よりも、まずは感謝することから。
そして、「いただきます」と「ごちそうさま」は心をこめて。


1号
# by vegebaka | 2010-03-04 09:00

野菜パラダイス! 堺筋本町【野菜物語せろり】

1号です。

イスラム教の聖地がメッカならば、
べジバカのメッカはここですと言いたい。

今回は、ベジバカの原点ともいえるお店「野菜物語せろり」を紹介します。
野菜の美味しいレストランは数あれど、
ここまでパンチのある店は、いまだかつて出会ったことがありません。

初めてせろりを訪れた時、ウェルカム感控えめな店構えと(ごめんなさい!今は全然違います~)、
うず高く積み上げられた野菜のダンボールの山に、一瞬ひるんだことを覚えています。

しかーし!
中に一歩踏み込めば、そこは秘密の桃源郷。
まさに野菜パラダイス。
野菜をここまでメインにしたお店が、こんな近くにあったなんて!
その日から、ベジバカのとっておきとして、足繁く通うように。

せろりは、シェフの井上比呂志さんと澄香さんがご夫婦で切り盛りしている
とてもアットホームなお店。
野菜をふんだんに使った、フレンチベースの創作料理店です。

比呂志さんは、寡黙で冒頓とした人ですが、
料理には並々ならぬパワーと主張が感じられる、まさに職人。
初めのうちは調理場にこもりきりで、あまり話を出来ずでしたが
べジバカが足しげく通い、高テンションで質問攻めにするうちに、
その並々ならぬ野菜ラブぶりを知り、徐々に打ち解けて下さいました。
きっと料理人さんて、伝えたい思い、たくさんあるんだろうなあ。

2号よ、
ぜひ、お仕事でそれを多くの人に伝えていくのだよ。
あまりメディア露出を好まない方ですが、以前2号のテレビ取材仕事にも、
べジバカのお願いなら・・・とご協力して下さいました。ほんと感謝です。

料理は、とにかくスゴイの一言。
オススメは、なんと言ってもおまかせコース!
その内容とコスパは驚異的です。

▼ある日のメニューをご紹介。
f0219331_14433111.jpg

f0219331_1444119.jpg

変わった形のお野菜は、「菱の実」。確か九州地方からのものだったはず。
栗のようなホクホク食感と甘みが特徴です。
f0219331_14452245.jpg

いろんなトマト。それぞれ味も食感も違って楽しい!
f0219331_14462083.jpg

いろんなキノコがもりもり入ったスープです。
f0219331_14464821.jpg


これにパンとドリンクが付いて、なんと2500円!!
その上に3500円のコースもありますが、大食いべジバカでもギブアップするくらいの量・・・。
初心者は2500円をオススメします。

料理には、無骨でまっすぐ、でも繊細なヒロシさんの性格が現れてます。
ピリッとした小技やひねりも忘れない。チャレンジ精神も感服。

使用する野菜の多くは、大阪の河南地方に毎朝仕入れに行っているそう。
大阪野菜の素晴らしさを伝えたいとおっしゃいます。
そのほかにも、全国各地の珍しい野菜もたくさん登場。
だから、野菜の新鮮さと美味しさはお墨付き!

野菜だけでなく、ソースや塩などのスパイスにも、ものすごいこだわりぶり。
ごはんは16穀米を使用。
一つ一つの料理が、こだわりとサプライズに溢れています。

以前、某有名グルメ誌のトップや、某情報誌の編集もお連れしましたが
そんな方々でさえ知らなかった秘境です。

べジバカがあまりに「野菜パラダイスやねんっ」と布教活動してるため、
店名を「野菜パラダイス」と誤認してる人もいるようで・・・
すんません。正しくは【野菜物語せろり】ですよ。

パラダイスを体験したい野菜好きはぜひ。


<野菜物語せろり>
大阪市中央区北久宝寺町1-5-8 1F
電話番号 06-4705-0121
http://celery.timsnavi.com/

# by vegebaka | 2010-03-03 08:39

ああ愛しのべジタベッラ。 谷9【モンテラート】

ベジバカ1号&2号で、大好きなレストラン「モンテラート」へ。
f0219331_191469.jpg


お目当てはもちろん、『べジタベッラ』。
野菜をふんだんに使った、その名のとおり、野菜尽くしのコースです。
ちなみに1号、この店ではこのコースしか食べたことがありません。

丁寧な仕事が生み出す、野菜愛の詰まった料理にシェフの人柄と思いが伝わってきます。
ここの食材として運ばれて来る野菜はきっと幸せにちがいない。
そう確信するお店。

・・・が!
この愛してやまない「ベジタベッラ」が、3/22をもって封印されるという悲しいお知らせ。
4月初旬に北浜にモンテラート2号店をOPENされるにあたり、
業態変更などの諸事情により、やむなく同コースは封印することにしたそうです。
(詳しくはモンテラートHPで。)

悲しすぎる・・・。
でも!新店OPENは何よりもおめでたい話ですね★応援してます!
北浜のお店にも、ベジバカは必ずや出陣します!

さてさて。
貴重な『食べ納めベジタベッラ』の紹介を。

まずは前菜、定番の「上新粉のピザ」。
f0219331_19182592.jpg

みずみずしい新鮮野菜が堂々主役の、シンプルだけど生命力溢れるピザです。

そして、ベジタベッラの最大の見せ場 「野菜のパレット」の登場。
f0219331_19194448.jpg

う、美しい・・・
まばゆいばかりの野菜たちが、彩りよく盛り付けられています。
まさにパレット。歴代の名画家たちもビックリです。

▼記憶の残すところだけ・・・

●丹波篠山の新特産ネギ「でかんしょ」ネギのムース。
上にはフォアグラのソースがかかっています。
一口ふくむと、口中にネギ旋風が~。ネギのもつ風味・甘みが抜群!

●八尾のわかごぼう。
葉と茎を主に食べる伝統野菜で、独特の香りとほのかな苦みが特徴。
まるでハーブのような爽やかな余韻がたまりません。

●宮崎の農家さんのトマト。
モッツアレラと真珠マメとともに、軽くオイルがふりかかっています。
トマトは甘味が強く、とても美味。真珠マメの歯ごたえもしっかり。

●コールラビは葉を素揚げに。香ばしさと独特の苦みがホント美味しい。
野菜の持ち味をちゃんと知ってるなあ。

●ヤーコンはレモン煮で。ナシのようなシャキッとした歯触りと甘味。爽やかな一品。

●串刺しはアピオス。ほくっとした食感と栗のような甘味。

●ロマネスクとブロッコリーも、ぎゅっと身が詰まっていて、野生味溢れています。

ここのお野菜は、吉良農園さんと中谷農園さんの野菜をメインに使っています。
2号は某取材仕事で、吉良さんにはお邪魔したことがあるんよね。
どちらの農園も、真摯に、かつチャレンジ精神溢れるものづくりをしている素敵な農家さんだそう。

ここの野菜を食べていれば、素敵な農家さんの顔も見えてくるような気がする。

パスタは、玉ねぎと白菜、水菜、サラミのオイルパスタ。
f0219331_19232981.jpg

それぞれの野菜の甘味と旨味が抜群に生かされた素朴なパスタ。
水菜のシャキシャキ感が最高。

そして・・・ベジバカの「待ってました~!」の逸品。 「玉ねぎのロースト」。
f0219331_19242514.jpg

ちなみに、ベジバカはいつもワガママ言って、皮目ギリギリまで残してもらいます。。。
f0219331_1928973.jpg

(通常はキレイに上皮を完全に剥いてサーブしてくれます!)
だってだって、ここが一番美味しいんやもんっ。

これは、本当に秀逸の料理です。
玉ねぎの特性を最大限に生かした、職人技の逸品です。
一口食べると・・・まず、甘いっ!
じっくりと熱されて、とろりんとした食感も最高。
砂糖やその他の甘味とは全く異なる、玉ねぎそのもの自然な甘味に驚くばかり。
まさに主役は玉ねぎで、正直、中のエビちゃんはいなくてもいいくらい(ごめん、エビちゃん)。
添えられたソースは、こっくりとした甲殻類の芳醇な旨味が濃縮したアメリケーヌソース。
深い、でも、あくまでも玉ねぎを損ねない、素晴らしいソースです。

最後のお料理で、おなかもいっぱいなはずなのに・・・
何の躊躇無く、空腹時の一口目と同じくらい、心地よく胃におさまっていくのです。

やっぱりスゴイぞ。ベジタベッラ。
いつも食べ終えた時、幸せ感に満ち溢れる、ベジバカの幸せゴハンです。
このコースに出会えたことに、心から感謝。

またいつか、復活する日が来ることを願いつつ。

ま、1号は3月にもう1回来るけどねっ



<モンテラート>
〒543-0072大阪市天王寺区生玉前町1-16チェリービル2F
TEL.06-6776-5889 FAX.06-6776-5890
※同店は2010年3月22日をもって一旦お休みとなります。

# by vegebaka | 2010-03-02 19:30 | レストラン(大阪)

はじめまして。ベジバカです。

はじめまして。べジバカです。

バカがつくほど野菜が好き!
そんなべジバカ野菜ソムリエコンビによる、つれづれなる野菜ブログ。

べジバカが出会った、野菜の美味しいお店や生産者さんを中心に、
野菜にまつわるあれこれを綴ります。

野菜にこだわり、野菜を愛し、
野菜を主役とした生命力溢れる料理に出会えるとっておきのお店。
料理の作り手「シェフの思い」。
その先にある、素材の作り手「生産者の思い」。
そんなたくさんの思いも伝えていけたら。

売れっ子2号は多忙につき、たまの登場となりますが。

ではでは。

べジバカ1号&2号
# by vegebaka | 2010-03-01 05:02