<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

復活!1号です。近況ご報告

タイヘン長らくご無沙汰しております。

もんのすごい久々更新の1号です。

この空白の期間、実にいろいろなことがあり、
いろいろなことに日々奔走されるがゆえに、更新もままならない状態でした。

長きにわたる沈黙を破り、久々の復活です。

そして、私事ながら、8年強勤めた会社を退職しました。

たった8年とはいえ、振り返ると実にいろんなことがありました。

どちらかといえば、辛く苦しいことのほうが多かった。
自分を限界まで傷つけて、もはや痛いことすら麻痺してしまうような
そんな状況まで追いつめてしまったこともありました。
とても、とてもきつかった。

でも。
今、改めて思うことは、
やっぱりこの会社に来て、本当に良かったということです。

失ったものや、刻まれた傷なんか到底比べものにならないくらい、
たくさんの素晴らしい出会いに恵まれました。
たくさんの人たちとの関わりの中で、ひとつひとつの仕事を創り上げることができました。

私はいつどんな時も、決して独りじゃなかった。
いつも誰かに支えられ、守られ、思いや力をもらいながら、ここまでこれました。
そんなすべてのご縁が、何よりもかえがたい大切な宝物。

退職という、ひとつの区切りを迎えるにあたって
本当に改めて、どれだけの人たちに愛をもらってきたかをビシビシと実感し
自分はなんて幸せものなんだろうかと感謝の気持ちでいっぱいになります。

私は器用な人間ではないので、
「利他的であること」、ただひとつ、それだけを心の軸にして進んできました。
この会社に入って出会えた尊敬する師匠の教えのもと。
クライアントのため、読者のため、関わる人のため、ただそれだけを思って全力で走ってきたので
媒体の営業マンとしては全然ダメなタイプだったと思います。

それでも、今こうして会社を卒業するにあたり、
改めて、自分がしてきたことは間違ってなかったと思えます。

この1か月強、連日本当にたくさんの人たちに送別会をして頂きました。

たくさんの花束をもらい、
たくさんの贈り物を頂き、
たくさん思い出を語らい、
そして、たくさんの「おつかれさま」と
たくさんの「ありがとう」をもらいました。

大好きなクライアント、大好きな代理店さん、共にお仕事した仲間、みんなみんな
「ほんとうに大変やったね、ほんとうにお疲れさまでした」と、
心に、身体中に、じんわりと沁み渡る温かい言葉の贈り物を下さって。

思いはちゃんと伝わっている。
それを感じた時、もうそれだけで、これまでの全ての辛苦が泡のように消えていきました。


『人を大切にすること。』
『感謝の気持ちを決して忘れないこと。』
『謙虚で在ること。』


どれも両親から言われてきた(というより、これしか言われてない…)、
生きる上での大切なこと。
それは、仕事だけじゃなく、全てのことに共通する1号の信条です。

今、自分の周りを見渡したときに、近くにいる仲間たちの多くが
この8年間で出会い、育んできた、かけがえのない人たち。
そんな宝物をこれからも変わらず、大切に、丁寧に、温め続けていきたいと思います。


会社の肩書がなくなった今、
1号はまっさらな1号です。

まっさらな1号が、今度は何色になるのか。
まだまだ未知ですが、どんな色になろうとも、変わらず繋がっていてもらえたら幸せです。

できれば虹色かマーブルになりたいのう。

そんなこんなで、これからもベジバカをどうぞよろしくお願いします。

2号との活動も鋭意精力的にやっていきますよ~
溜まりに溜まったベジバカネタも、これから随時更新していきます!!


2012年4月吉日 1号
by vegebaka | 2012-04-11 03:20 | つれづれ