<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

駅直結の本場スペイン料理! 淀屋橋【デルポニエンテ】

またも更新が滞っております。

身辺があわただしい今日この頃です。

またまた、店ネタストックが増えるばかり・・・
ボチボチ更新していきますので・・・

久々に集う女子仲間との会合。
京阪沿線勤務人との現地集合に便利な、駅直結で美味しいもの!
といえば、のオススメ店がここ。

淀屋橋odona1階のスペイン料理「ファロ デルポニエンテ」

本店「エルポニエンテ」の5号店で、パエリヤをはじめとする米料理をメインに
本場のスペイン料理を堪能できるお店。本格炭焼き料理なども。
スペイン産ワインや40種類のシェリー酒、各地方の料理も多数揃ってます。
隣接している「バル」では、気軽なタパスでチョイ飲みも。

この日はとっくりしゃべくりたいと、レストランのほうで。

何を食べても美味しくて大好きな店なのですが
一品一品がかなりボリューミーなのに、
やたらと大量発注を促されるという難点があるので、それだけご注意ください・・・
美味しいから、結局食べちゃうんですけどね~

▼この日はこちらをオーダー。

■塩ダラと焼き野菜のサラダ
f0219331_1894693.jpg

サラダというより、マリネに近いです。
程よく塩気のきいたタラに、パプリカや玉ねぎなどの野菜がたくさん。
さっぱりした前菜にぴったりの一品。

■ムール貝のコロッケ
f0219331_1810672.jpg

こちら1号のお気に入りです。
濃厚なムール貝のエキスがぎゅギュッと詰まった、クリームコロッケ。
貝の風味とクリーミーさが最高のバランス。何個でもいけます~

■白隠元豆とポテトのスープ
勢いあまって写真忘れた・・・
豆好き1号としては外せない、ほっこりほくほくのスープ。
シンプルなコンソメベースのスープに、お野菜とベーコンの甘みとコクが美味。
程よく煮崩れた大きなお豆がほくほく。
身体がほっこりあったまります。

■魚介のパエリア
f0219331_1820214.jpg

やっぱりスペイン料理といえば!のメイン。
ここではいろんな種類のパエリアがありますが、いつも王道を頼んでしまう・・・
海老やたくさんの貝類、帆立、などなど魚介類がふんだんに。
酸味がきいた、独特の爽やかでコク深い味はやっぱり病み付きになる。
絶妙に芯の残ったお米の具合もちょうどいい。

■デザート
f0219331_18204436.jpg

何ともかわいらしい不思議なフォルムのお菓子!
スペイン伝統菓子らしいのですが、、、名前を忘れた・・・
餃子の皮を揚げて砂糖をまぶしたような、サクサク軽くて素朴な美味しさ。
アイスと一緒に食べるのがベスト。

友達2人はこちらをチョイス。
もちろん、全部ちょこっとずつ味見。
f0219331_18212797.jpg



美味しい料理を食べながら、久々にゆっくり女子トーク。
三十路を超えると、それぞれの抱えるモノも、それに対する思慮も、どんどん複雑で重みを増していく。
手離しで楽しいだけの話や、
単純に幸せな話って、少なくなっていく気がする。

それでも、最後には前向きな気持ちになれるのは、やっぱり仲間のおかげです。
100%理解することは出来なくても、相手を思う気持ちが、心を軽くしてくれるから。
こうしてパワーの交換をしながら、日々のいろんなことを乗り越えていける。

もちろん、そこに美味しいごはんがあったらなお効果的(笑)。

いつも以上に、友達に支えられていることを実感する1日。


<スペインバル・レストラン ファロ デル ポニエンテ>
●バル
11:00~25:00
●レストラン
ランチ 11:30~14:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)
TEL:06-6223-2224

by vegebaka | 2011-02-23 18:22 | レストラン(大阪)

愛情たっぷり、絶品おいなりさん。 【いなりやこんこん】

関西人はみんな大好き!素朴なごはん、おいなりさん。
関東出身の1号家食卓には、あまり「おあげさん信仰」なるものはないので、
おいなりさんへのこだわり意識は高いほうではありません。
それこそ、コンビニのおいなりさんでも美味しいなあ~と思うタチ。

しかし、
それまでの意識を覆す、感動の絶品おいなりさんに出会いました!!

1号が大好きな小山薫堂さんも、大阪にくると必ずお忍びで来るという
瓦屋町「いなりやこんこん」

1号師匠の行きつけで、1号もお気に入りの周防町「和食 撫子」の
女将さんのお母さんが切り盛りしている、おいなりさん専門店です。


72歳のお母さんの人柄と、最強に美味しいおいなりさんで、根強いファンがいるお店。
美食家で有名な薫堂さんはじめ、有名人の常連さんも多いそうですが、
何よりも「あまり知られたくない」という共通の思いから、メディアにもあまり露出されません。

なので、ここでもざっくりした紹介だけ。

平日(月~土曜)の18時まで(売切れ次第終了)なので、内勤1号は未だお店に行ったことがないのですが、

先日「撫子」に行った際に、女将さんがお土産に用意してくれてました!

翌朝、ワクワクで蓋を開けると・・・なんともその美しさにびっくり!
f0219331_18281174.jpg

茶色いスタンダードな容姿を予想していたのですが、
まるで和菓子のような繊細な手仕事が施された、よそいきのおいなりさん。

上にのった具材もひとつひとつ、全部手作り。
中に入った刻んだ干ぴょうや、たぶん生姜漬けまで、全てが手作りの
お母さんの愛情たっぷりのおいなりさん。

どれもこれも、本当に手の込んだ仕事が施されていて
どれもこれも、手作りのぬくもり溢れるやさしい美味しさで・・・
思わず感動してしまいました。

あっという間にぺロッと食べつくし、
もっと食べたい衝動に突き動かされるくらいの美味。
薫堂さんが絶賛する理由がわかるなあ。

有休をとってでも、これは一度お店で食べたい!!
こんなステキなおいなりさんを作るお母さんにも会いたいな。

春になったら、このおいなりさん片手にお花見にいこう。
今からそれが待ち遠しい1号でした。
by vegebaka | 2011-02-07 18:31 | レストラン(大阪)