人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1号家の純和食クリスマス

ウン年ぶりに、クリスマスを家族で過ごしてしまった1号です。
いや、元気な親とともに過ごせるなんて、本当にありがたい話です。

この日は雪もチラチラ。
寒い外に比べて、やっぱり我が家はあったかい。

忘年会ラッシュでちょっと疲れ気味の身体には、なんといっても家ごはん。
ご覧のとおり、クリスマス感ゼロの食卓ですが(笑)。

f0219331_18473025.jpg


■手巻き寿司
我が家の手巻きの主役は野菜。
しそ、きゅうり、かいわれ、玉ねぎスライス、
サーモン、まぐろ、納豆、梅、たくあん、シーチキン、玉子焼き。
ご飯はほとんど入れずに、海苔に具だけを巻いて大量に食べるのが1号のクセです。
ご飯を入れすぎるとすぐおなかいっぱいになっちゃうので・・・

■鍋
鍋は別バラといわんばかりに、我が家ではメイン以外に鍋が出ます。
内容は野菜メインなので、食べられちゃうんですけど。
この日は、あっさりキムチスープがベース。
豚肉、豆腐、ネギ、しいたけ、白菜、大根、にんじん、もやし、水菜などなど・・・

■わかさぎの南蛮漬け
■カボチャの煮物


毎度ながら、こじんまりした3人でほとんど完食。
たっぷり栄養と愛情を頂きました。

そして、
ささやかな娘サンタの贈り物は、2号がプロデュースしたクリスマスケーキ!
f0219331_1848684.jpg


近鉄百貨店阿倍野本店とのタイアップ取り組みの一つとして、
ケントハウスさんとコラボした限定販売のスペシャルクリスマスケーキ。

幻の苺「古都華」と「あすかルビー」を、外にも中にもたっぷり使った
シニア野菜ソムリエならではのケーキです。


かなり長い期間をかけて商品化した渾身のケーキ、
2号の汗と涙の結晶を食べないわけにはいきませぬ。

貴重ないちごを主役にするために、ケーキ自体はとても素朴でシンプルな仕上がり。
クリームもスポンジも、程よい甘さで、おうちの手作り感を思わせる安心する美味しさ。

そしてやっぱり、主賓のいちごが美味し~い!
甘くてジューシー、気持ちをほっこりさせてくれる甘い幸せ。
あやうく、1ホール食べ切ってしまうとこでした・・・

2号の気持ちが詰まったクリスマスの贈り物。
2号よ、ありがとう!

クリスマスは、大切な人と過ごす大切な1日。
こうして一緒に過ごせるうちは、いつまでも娘の相手してね。
by vegebaka | 2010-12-27 18:52 | つれづれ

ベジバカ忘年会2010 宗右衛門町【創庵】

忘年会は数あれど、ベジバカの1年の締めくくりとして
やっぱりこのゴールデンメンバーでの忘年会は外せません。

ベジバカと師匠、そして副師匠との大切な今年最後の集い。
人生の指針であり、いつもベジバカを応援してくださるお二人は大切な、そして偉大な存在です。

その会場として1号がセレクトしたのは、大好きなミナミの隠れ家『創庵』
(★過去のレポートも参照)
店主千永氏(通称:和尚)の秀逸な料理の数々は、いつも圧巻です。

師匠とはよく行っていたものの、
未だ2号と副師匠を連れていったことがなかったので、やっとこ念願達成。

和尚には、事前に
「シニア野菜ソムリエの2号を連れていくので、野菜いっぱいでお願いします~!」とプレッシャーを注入。
即答で、「野菜モリモリコースでいきます!」との嬉しいお言葉が。
期待も膨らみます。

カウンターに5人も入ればパンパンのこぢんまりしたお店ですが、
一つだけ小あがりがあり、この日は初めてこちらを利用。
思ったよりも広い個室仕様で、掘りごたつで、と~っても居心地がよい!

▼和尚の心意気どおりの、野菜モリモリコースの内容はこちら。
(通常のアベックコースのスペシャル版です)

■八寸
f0219331_10402796.jpg

金時人参のソテー、赤かぶ酢漬け、鳥きも、安納芋と柿、九条ネギとえのき、アオサ入り出汁巻き、魚入りのリエット、生ハム。
どれもこれも丁寧なお仕事が施されていて、のっけから感動のおいしさ。
特に、安納芋と柿の組み合わせは最強!自然の甘みに改めて驚き!

■牡蠣と野菜のスープ
f0219331_10414510.jpg

牡蠣、たくさん人参、赤大根、玉ねぎ、ベーコンなど。
大ぶりの牡蠣が3つも!ですが、牡蠣が体質的にNGな1号、断腸の思いで牡蠣は副師匠にゆずりましたが、
牡蠣のお出汁と野菜だけでも十分滋味深いスープ。
あっさりしたコンソメベースなのに、めちゃくちゃ深い味わい。

■おつくり
f0219331_10425542.jpg

まながつお、うに、ヒラメ、よこわ?。それに別添で、血合いを焼いたものも。
もちろん、どれも新鮮ぷりぷりのおつくり。


ここで、次の料理に使われるこの日とっておきの食材を見せてくださいました!
超特大の、能勢の原木しいたけ!!

f0219331_10444612.jpg

15cmはある極太肉厚のしいたけ!ここまで大きいのは初めて見た~
そのままかぶりつきたいくらい、美味しそう・・・

そして、そのしいたけさんが、こんなカタチで登場。

■パスタ
f0219331_104420100.jpg

手打ちパスタ、豚肉、ネギ、しいたけ、チーズ。
創庵でパスタなんて初めて。
先ほどの原木しいたけがどっさり入った、しいたけが主役の和風パスタ。
スライスしてあるけれど、やはりでかいっ。
その香り、歯ごたえ、ジューシーな椎茸特有の旨み、あますところなく椎茸を堪能できる一品。
他の食材とのバランスもこれまた最強。フレッシュなチーズがアクセントに。
美味しすぎて、おなかもいっぱいになってるのに、いくらでも入る入る・・・

■魚料理 鰆のあんかけ
f0219331_10464266.jpg

鰆、天王寺かぶら、水菜。
中はふっくら、絶妙の火入れ加減の鰆。
上質なお出汁がきいたあんで、さらに優しい味に。〆までほっこり。

絶品の数々に、自然とお酒もすすみます。
好々爺二人、・・・じゃなくて、ナイスミドル2人もいい顔色に。

美味しいを堪能しながらも、毎度のごとく
それぞれの近況報告から、夢の話、今年を振り返っての話、・・・と話は尽きず。
まあ、なぜかこの日のメインネタは、ベジバカ1号・2号の恋愛ダメ話でしたけど・・・

気づけばあっという間に終電間近の時間に。
いつもそうですが、このメンバーで集うと、時間があっという間に過ぎてしまいます。
そしていつも、まだまだ話したりない「残話感」が残る。。。
忘年会が終わったとたんに、新年会も創庵で!と早くも決定いたしました。

思えば。今年の初夏までは本当に辛苦の日々で
去年の今頃を思うと、こうして穏やかな心で笑っていられることが不思議なくらい。

でも、そんな辛いとき、苦しいとき、自分が堕ちている時こそ
ここにいる人たちは、常に1号のそばにいてパワーを注ぎこんでくれたなあ。

「そのままのあなたが居るだけで、私たちは幸せ。」
「何があっても信じている。だから大丈夫。」
そう純粋に思ってくれる確固たる存在が、心のど真ん中にどっしりといてくれる。
それは、本当に幸せで、ありがたいことだと実感します。
何にも代え難い財産だと。

前に2号が言っていた
「毎日の繰り返しの中で生きている人がほとんどの中、
これほど人と喜びや感謝を共感できる仕事をやらせていただけるのは、
もしかしたら自分にとっては当たり前でも特別なことではないかって。」
それも改めて実感する。

これからも、決して理想の空論でもコトバだけの美談でもなく、
たくさんの人に幸せを与えることが私の幸せ!と潔く言い切れるような、そんな生き方がしたいです。

周りにいる全ての人たちに、私たちは支えられている。守られている。
その感謝の心を、今度は自らが何らかの形で還元していく。
生きる上での使命だと思います。
それを改めて心に刻み、また新しい年を迎えたいと思う夜でした。

今年も、あと少し。

<旬膳甜酒 創庵>
住所:大阪市中央区宗右衛門町5-312A
電話:06-6213-1541
営業時間: 17:30-22:00
定休日: 日祝

by vegebaka | 2010-12-25 10:53

女子会仕様のカフェごはん 淀屋橋【add PAINDUCE】

毎年恒例、忘年会ラッシュ真っ只中の1号です。
ブログの更新も遠のく・・・

そんな忘年会のハザマに、
以前の部署時代に苦悩を分ち合った先輩と、久々にディナーへ。

淀屋橋odonaの「add PAINDUCE」
本町で人気のブーランジェリー、PAINDUCEのカフェレストランです。
1号も営業時代、ランチでは利用していましたが、夜は初めて。
オドナにあることもあって、お店の雰囲気もメニュー構成もザ・女子好みな感じであります。
この日も店内はオール女子。

お料理も、野菜中心としたヘルシーなものが多く
特に、パンにあう料理が充実しています。

この日オーダーしたのは以下のとおり。(写真、ブレブレですが・・・)

■お野菜のギリシャ風酢漬け
f0219331_1858512.jpg

にんじん、セロリ、パプリカ、みょうが、カリフラワー、トマト。
少し酸味は強めの酢漬けですが、酢ラブ1号的にはちょうどよい!
これだけでもう何皿かいけそう。美味しい。

■宮崎産もち豚のリエット
ワインにあいそうな濃厚なリエット。
1号には少し塩気がきつかったです・・・

■いろいろ野菜のローストゴルゴンゾーラソース
f0219331_1858538.jpg

にんじん、メキャベツ、さつまいも、ブロッコリー、カリフラワー、プチトマト、インゲンマメ、スナップエンドウ、しいたけ、ポロねぎ、ズッキーニ
などなど・・・たくさんのお野菜がキレイに盛り付けられています。
シンプルなローストに、濃厚なブルーチーズのソースが良いアクセントに。
やっぱり、新鮮野菜はローストが一番素材を生かせる。
野菜だけなのに、これでおなかいっぱいになりました~

怒涛の忘年会ラッシュの身体に優しいごはん。
ゆったり女子会にぜひオススメです。

<add PAINDUCE>
大阪市中央区北浜4-3-1 淀屋橋odonaビル2F
TEL 06-6223-0300

by vegebaka | 2010-12-22 19:02 | レストラン(大阪)

冬の1号家ばんごはん

久々の1号家ばんごはん。
引き続き著作権無視でこっそりお届けしております。

今日はパパさん不在のため、ママと2人。
いつもより軽めのラインナップでした。とはいえ、それなりの品数ですが・・・

まだ途中段階でのパチリですが
ここにさつまいもごはんと、紅白なます(柿入り)で完成でした。
f0219331_14355296.jpg


■メインは頂きものの高級粕漬け。鮭と鱈です。
品のいいお味で、すっごく美味しい!ほんのり焦げ目の部分もまた香ばしくて美味。
これだけでごはん何杯でもいけそう・・・。そして日本酒が呑みたくなる・・・。
特に鱈は中までふっくらふわっとしていて、極上の食感でありました。

■湯豆腐(ネギ、ほうれん草)
冬場はほぼ毎日出てくる湯豆腐。
必ず、お野菜もたっぷり入れて頂きます。やっぱり冬はコレでしょ~

■サラダ(玉ねぎスライス、トマト、カボチャ)
シンプルにポン酢で。

■おから
いつもどおり、具沢山の我が家流。

■揚げと小松菜のおひたし
揚げは焼き目をつけるのがポイント。ほどよくカラッとして、食感もよいです。

■紅白なます
この日は果物の柿が入ってました。なますと柿の愛称は抜群なんです。
果物の中でも、柿やいちぢくは、和のおかずにとても合う食材。

■さつまいもごはん、味噌汁(揚げ、もやし、わかめ)
さつまいもごはんは、甘くてホクホクのお芋がたーっぷり。
お芋を食べると、そのホクホク感で、気持ちまでほっこりするなあ。
1号にしては珍しく、ごはんをおかわりしました!

やっぱりうちのごはんが一番。
ごちそさまでした!

ナゾの発疹もママごはんパワーですぐ治るやろう。
来る怒涛の宴会ラッシュに向けて、パワーチャージの週末でした。
by vegebaka | 2010-12-13 14:37 | つれづれ

ハコガカラベルの限定日本酒販売!@京都高島屋

一難去ってまた一難、
高熱に引き続き、今度は謎の発疹に悩まされ中の1号です。
年末の、毒素一斉大放出というところでしょうか・・・


さて今日は、
ベジバカの師匠であり、1号友の、
ハコバカのハコガカよりお知らせです。


前回の展覧会でもお世話になった、京都伏見のキンシ正宗さんから
お正月用の干支ラベルを依頼されたハコガカ。
見事採用され、この干支ラベルのお酒が
期間限定で京都タカシマヤ地階(「地酒ウィークリースポット」)にて販売されることになりました!

f0219331_16231978.jpg


いよっ、酒好きの勝利。
やっぱり「好きこそ物の上手なれ」。

大学時代、
酒の残骸で埋め尽くされたハコガカの部屋を思い出すなあ。
一升瓶やらレアな焼酎やら、女子の部屋ではあまりお目にかからないものいっぱいあったなあ。懐かしい。

この期間に京都へお越しの際は、ぜひタカシマヤへ。

そしてそして、
ハコガカpresentsのイラストレーション展「spotlight」も開催中。
昨年に引き続き、12月のspotlight展のテーマは「クリスマス」と「お正月」!。


12人のイラストレーターさんたちが描く「クリスマス」と「お正月」、
今年も楽しい企画展になりそうですよ~
2010年12月11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)
OPEN 13:00~19:00(最終日は17:00まで) 入場無料

http://yukie5e.web.fc2.com/

1号も行かねば!
by vegebaka | 2010-12-11 16:26 | つれづれ

東京タワー下。完全紹介制レストラン 赤羽橋【タワシタ】

ナゾのウィルスの侵入により、高熱でダウンしていた1号です。
40度近い熱を出すのは久々で、さすがにくじけそうになりました。いや、くじけました・・・
この冬は、喉の痛みを侮ってはいけません!

何だか最近、身辺がざわついてきていて
神様に試されてるような気がする今日この頃です。

さて。

行ってきました。
念願の『タワシタ』。

1号が大好きな脚本家・小山薫同さんプロデュースの完全紹介制レストラン。
東京タワーの足元にあるから「タワシタ」。
小山さんらしい、シンプルオシャレなネーミングです。

完全紹介制ということで、電話番号などは一切非公開。看板もなし。
ネットで検索しても(1号が調べた限りは)全然出てきません。

そこになぜ行けたかというと。

先日のフェリシモ「神戸学校」に参加した際に、
「会場にいる人でお店に来たいという人には特別に連絡先教えます!」
と、ゲストの小山さん自ら教えてくださり。
ちょうど後日、東京に行く予定にしていたので、絶対行く!とソッコーで予約したのでした。

お店の方に教えられた住所どおりにタクシーを走らせると
到着したのはまさにきらめく東京タワーの真下。
この季節は少しピンクがかったポップな色をまとっているタワーのすぐ隣、
看板もなにもない無機質な雑居ビルの一室に、その隠れ家はありました。

これまた非常口のような無機質な扉を開けると・・・
シンプルながら、あたたかみのある落ち着いた店内。
そして、
大きな窓から飛び込んでくる、タワーの鮮やかな足元。

わずか3卓しかない窓側席は全て埋まっていて、1号が通されたのは窓から離れた席。
それでも十分、タワーの横にいることを実感できたのですが・・・
やっぱり窓側いいなあ・・・
なんて贅沢なことを思いながら、これまた上質な美味しいフレンチを頂きます。

▼この日のオーダー(すべて1人分に取り分けてくださいました)

■平目の昆布〆といろいろ野菜のサラダ
f0219331_23545534.jpg

野菜を多めに入れてほしいとワガママをお願い。
注文どおり、たくさんのお野菜を使った見た目も鮮やかなサラダ。
トレビスやゆり根、カブ、トマト、イタリアンパセリなどなど。
程よい〆加減の平目と鯛(だったかな?白身のお魚)は分厚くてぷりぷり。
イクラもどっさり入って、食べ応えのある贅沢サラダ。

■海老芋のフリットとニョッキのいろんなチーズソース
f0219331_23554931.jpg

これがヒットだった!
ホクホクの海老芋のフリットに、複雑で濃厚なチーズのソースが絡んで最高に美味!
数種類のチーズに、ポルチーニのようなキノコの風味と香りもする、このソースが秀逸でした。


途中、スタッフにこちらに来た経緯を話し、関西から楽しみに来たことを話すと、
「あちらのお席がもうすぐ空きますので、移動されますか?」との嬉しいお声掛け。
あちらって、一番の特等席やんか~
もちろん、即答で移動させて頂きました。

タワシタの店内でも、一番の特等席と思われる席。
まさに窓なりに、聳え立つタワーが!!
f0219331_23573619.jpg

真横に絶景を愛でながら頂く美味しいフレンチは格別でした。

■タワシタ特製 短角牛のハンバーグ
f0219331_23583746.jpg

友人がどうしても「タワシタ」とついたメニューが食べたい!というので
スタッフおすすめのこちらをセレクト。
普通のひき肉ではなく、贅沢にダイス状の短角牛を使っていて
お肉を食べてる!という力強さ溢れるジューシーハンバーグ。
ソースも抜群に美味しく、久々に美味しい上質なハンバーグを頂きました。

■タワシタ特製 ミニカレー
f0219331_23592216.jpg

お店の方オススメの〆ごはん。
友人は野球ボールくらい、1号はゴルフボールくらいの大きさでゴハンをお願い。
複雑なスパイスが絶妙な、サラッとしたタイプ。

■デザート
1号はブルーチーズのケーキ、友人は濃厚なチョコのスイーツをオーダー。
f0219331_001218.jpg

f0219331_004459.jpg

このケーキがまた美味しかった!
重くなく、爽やかな口当たりでありながら、しっかり主張するブルーチーズの風味。
思わず白ワインを追加したくなる、大人のチーズケーキでした。
チョコは、まるでフォアグラのようなねっとりした超濃厚系。チョコ好きにはたまらぬ。

ゆっくり、ゆったりとタワシタを堪能。
ここに来るためだけに東京に来ても価値あるくらい、素敵なレストランでした。

また行きたい。
今度は勝負のときに・・・。(友よ、すまん)

東京タワーもステキでしたが、
この季節、地元神戸の風物詩といえばやっぱり「KOBEルミナリエ」
f0219331_010465.jpg

近いがゆえに足が遠のいていたルミナリエ。(だって人多いもん・・・)
先日数年ぶりに訪れましたが、本当に美しかった。
きらきら、きらきら、何色もの輝く光の中を歩くと、
何だか不思議な世界に入り込んだような、幸せな気分に。

近隣ビルの窓にうつるルミナリエの彩もきれい。
とても幻想的な空間を創り出していました。

運良く、消灯のタイミングも初体験。それも感動。
今度は点灯のタイミングに行ってみたいな。

タワシタもルミナリシタも、どちらも素敵な夜でした。


by vegebaka | 2010-12-09 00:15 | レストラン(その他)