人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

小技のきいた創作鉄板焼 本町【時分時】

ありがたいことに、今年も生誕祭ラッシュに見舞われております1号です。

生誕翌日は、仲良し女子仲間に祝ってもらいました。

結成はや8年になる女子仲間。
出会った頃はみんな20代前半~半ばだったのに・・・
ほとんどが、三十路の扉を開いてしまいましたね。早いのう。
東京に転勤になった1人を合わせて、フルメンバーは5人。
全員マスコミ、かつみんな営業ドロ畑を踏んでいる、それはそれは逞しきメンツです。

食、アート、音楽、旅、知的系・・・あらゆるジャンルに貪欲で
右脳も左脳も強烈に発達した女子たち。
各自、いろんなオモシロネタをキャッチしてきては企画をし、
あんなことこんなこと、いろいろやってきたねえ。

数年前までは、火サスで登場するような全国各地の秘湯秘境にも、
「足が無い」という言い訳は完全無視し、
どこまでも公共の乗り物とタクシーで繰り出していったもんです。
最近はみんな忙しくなって、全然行ってないな。

4人で集合するのは本当に久々の夜。

祝いの店に選んでくれたのは、本町の創作鉄板焼『時分時』
旬の素材を使った、創作性の高い豊富な鉄板焼を楽しめるお店です。
カウンターとテーブル席が2つだけの小さなお店なので、いつも予約でいっぱい。

▼この日頼んだメニューはこちら。

■メロンと焼トマトのパルミジャーノ
f0219331_2317341.jpg


■泉州水なすの生ハム巻き
f0219331_23173651.jpg


■新玉ねぎの丸ごと焼き
f0219331_23181894.jpg


■白子のオムレツ
f0219331_23191636.jpg


■とんぺい焼き(キムチ)
f0219331_23195541.jpg


■串焼きおまかせ5種盛り合わせ
f0219331_2321471.jpg


■お好み焼き(すじ)
f0219331_23213464.jpg


■鶴橋キムチと淡路牛のそばめし(写真忘れ・・・)

そして最後には、サプライズでケーキとプレゼントを用意してくれてました!
f0219331_23221717.jpg


いくつになっても、やっぱりロウソクをたてたケーキは嬉しいもの。
ただ哀しいかな、もう歳の数は立てられないけど・・・

毎年こうして、大好きな仲間たちと楽しく生誕を祝えることは
本当に本当にありがたいことです。
それぞれ様々な変化はあっても、話し出したらやっぱりホッとする。

結婚して妊娠しても、仕事の見積書を作れるやろうか・・・とか
孤独死する可能性も考えて、貯蓄もちゃんとせなあかんな・・・とか
話の内容も年々変わってくるけど、それでも、

南アフリカでは黒魔術師がいて、ワールドカップの勝負のゆくえを決めているらしい、とか
引っ越したマンションの住民女子がやたら美女だらけで萌える、とか
他愛のない話で純粋に笑えるのは、やっぱりいつもの感じ。

これからも変わらず、刺激的な私たちでいよう。
そしてこれからも、末永くよろしく。

いつもありがとう!


<時分時>
〒541-0058
大阪府大阪市中央区南久宝寺町4-5-11 ライオンズマンション御堂本町1F
06-6253-1661
17:30~24:00(L.O.23:00) 
第3月曜日・日・祝休

by vegebaka | 2010-06-30 23:25 | レストラン(大阪)

誕生日に想うこと。

わたくし事ながら、
6月23日は1号誕生日です。
年齢は極秘ですが・・・今年本厄です。(あ、ばれた)
ちなみに、故・筑紫哲也もしくは南野陽子などと同じ誕生日です。

純粋に誕生日を喜べないお年頃になってきましたが、
それでも、また無事にこの日を迎えられたことに改めて感謝する日。
日々を生きていること、生活を営んでいることを、
つい当たり前と思いがちですが、決して当たり前のことじゃなく幸せなこと。
それを改めて心に刻む日が、誕生日なんだと思います。

そして、嬉しい生誕祝ラッシュが訪れると、
本当に、どれだけたくさんの人たちに支えられ、愛をもらって生かされているかを
しみじみと実感し感謝せずにはいられません。

家族それぞれから送られてくるメールも毎年のこと。
特に1号ママは毎年こう綴ります。
1号の誕生日は、『親にしてもらえたことを感謝する日』。
深いなあと思わずにはいられない、素敵な言葉。

そんな、いろんないろーんなことを思い考える誕生日。

今宵は大好きな師匠と2人で、お鮨でお祝い。
堀江では珍しく、本格派のお鮨がたべられる【本等鮨 海馬】。
オシャレな雰囲気ながらも、ネタは新鮮、レベルの高いお鮨を出してくれる貴重な店。
お鮨以外のメニューやアテも美味しい。
ワインやシャンパンなどを合わせても楽しめる、創作系のお鮨も。

しゃべるのと食べるのに夢中で写真は撮らずでしたが・・・
誕生日!ということで、贅沢三昧させて頂きました。


こうして、大切な人たちと誕生日をともに過ごせる幸せ。
生まれてきたことの一番のハッピーは、間違いなくそんな出会いの全てです。
人生で大きな2号との出会いも、生まれてきたからこそ。
これからも、全てのご縁を大切に、真摯で在りたいと思う誕生日の夜。

そして、いくつになっても、オモロイこと・ヘンなこと感度だけは
鈍らせへんぞー!と誓う1号でした。
by vegebaka | 2010-06-24 02:43 | つれづれ

父の日のうちごはん

母の日に比べ、忘れ去られがちな父の日。

1号家では、ちゃんと忘れずに感謝祭?をします。
例年、父の日は外でディナーすることが多いですが
今年は「近所のスーパーKのイサキが新鮮で立派だった!食べたい!」
という熱いパパ希望で、うちごはんに変更。

彼の言うスーパーKの新鮮イサキは、いつも早々に売り切れてしまうらしく、
翌朝1号が起きた時には、既にパパ自らイサキ目指してスーパーへ。
相当食べたかったんやね。。。

「残り三匹だった!」と、ホクホク顔で凱旋帰宅したパパ。
すごいおっきいよ、見てみー!と嬉しそうな、まもなく68歳の我が父。
そんなパパが可愛らしく思える今日この頃です。

パパの戦利品を美味しい料理に仕立て上げるのは、毎度の1号ママ。
いつもの倍、愛がこもってます。
この日はいつもより少し食卓がにぎやかになりました。

▼父の日のメニューはこちら。(またもこっそり写メにつき、途中段階ですが・・・)
f0219331_148377.jpg

■焼き魚(パパ戦利品のイサキ)
・・・でかっ!
さすが新鮮、白身はふっくら。淡白ながらも、しっかりと豊かな味がします。
皮目もパリッと焼かれ、香ばしくて最高にウマイ!
パパ、でかした。
ちなみに、直径30cmあろう立派なイサキを、パパは1匹完食しました。

■ナスのグラタン風
・・・大量のナス、玉ねぎ、ピーマン入り。
ナスは揚げずにソテーしてヘルシーに。
豆乳のホワイトソースであっさり。いくらでも食べられます!

■お刺身(鯛、ヒラメ、マグロ)

■サラダ(バーニャカウダ風ソースで)
・・・赤ピーマン、カボチャ、ブロッコリー、大根、きゅうり。
市販のバーニャカウダ風ソースで。世の中便利なモンがあるんやね。

■菊菜としめじのおひたし
■さつまいも煮物
■冷ややっこ
■豚汁

・・・豚肉、ジャガイモ、きのこ類、大根、ごぼう、ニンジン、玉ねぎ、しょうが
などなどがゴッソリ入った具沢山豚汁。

■ところてん
■しょうが

・・・夏の我が家の定番。
しょうがをスティック状にスライスし、味噌マヨネーズで。


「こんなにいっぱい食べきれないよ~」と、
いつもお決まりのセリフをこぼすパパですが、
結局いっつも、ほとんど平らげる大食い一家です。
ママの料理が美味しいから、そりゃあ仕方ないでしょ。

まもなく68歳になる、我が父。
年齢的に見ると、もうおじいちゃんですが・・・未だに本格的な旅人です。
しかも海外メインのバックパッカー一人旅。
乗り物はもっぱらローカル鉄道(国内はどこまでも青春18切符)、
宿泊はユースメイン、目的は『その土地を感じること』。
誰にも迷惑をかけずに、重いリュックを担いで歩ける体力を維持するために、
毎日のようにジムで身体を鍛え、ママごはんを食べ、不摂生とは無縁の生活。
もともと語学堪能な父ですが、今でも語学の勉強を欠かさない。

そんな努力の人だから、私たち家族は決して彼を止めません。
応援したい。
ほんとはすんごい心配だけど・・・
旅があるからパパはイキイキできる。生きる活力になっているんやもんね。

そんな父は家族の誇りです。

近々の予定は、秋にポルトガルへ行く計画のよう。
パパのペースで、ゆっくりと。
いつまでも心身ともに元気で、健康で、ステキな旅人でいてね。
いつもありがとう。
by vegebaka | 2010-06-24 01:54 | つれづれ

うまいもんだらけの幸福 福島【福の家】

1年が経つのって、ほんと早い・・・。恐ろしや~。
それを実感する季節がやってまいりました。
まもなく、また一つ歳をとります1号です。

そろそろ、そっと知らんぷりして誕生日を跨いでしまいたいお年頃です・・・。
とはいえ、無事にまた新しい歳を迎えられることは、幸せなことですね。

この日は、ちょっと早めの1号誕生日前祝い!・・・は実はサブ目的。
メインは、あるカップルの幸せ報告会となりました。

1号のご近所仲間K兄と、1号が長年行きつけにしている愛する店の店主
まんげつさんを、ふとした直感で引き合わせたところ・・・
めでたく素敵な大人カップル成立!

1号が大好きな2人が惹かれあい、幸せは関係を育むなんて、この上なくハッピーなこと。
とんとん拍子で進展し、このたび一緒に暮らすことになったそう。
1号の前祝と、改めて近況報告を・・・ということで、ディナーにお呼ばれ。

「世界一好きな店の女将さん」と「近所の飲み仲間おっちゃん」が、
恋人として目の前に座っているのが、何だかとても不思議な感覚でした。

幸せ報告ディナーは、まんげつさん知り合いの店、福島「福の家」に。
和服姿のべっぴん女将さんが切り盛りしているステキなお店。
なぜに「福の家」?
それは、本名が福島さん、そしてここは福島だから・・・という直球勝負な理由(笑)。

料理の天才!と1号が崇拝するまんげつさんのオススメというくらいなので、
その日の旬の食材を使った、丁寧な料理はどれも絶品!
野菜、お魚、お肉、創作メニュー、アテ、何を食べてもハズレなし。
日本酒や焼酎、甲州ワインなど、お酒も豊富にそろっています。

のんびりゆったり出来る居心地のよい空間です。

▼いろいろ食べたメニューはこちら。

■旬のおつくり
f0219331_2314487.jpg

・・・鯛、マグロ、ホタテ。
どれも新鮮で美味しい。特にホタテは肉厚でぷりっぷり。甘い!!
ワサビまでちゃんと美味しいのが嬉しい。

■和風もつ煮
f0219331_23153452.jpg

・・・事前に下湯でして臭みをとった新鮮なモツと、たっぷりのキャベツ、ニラを和風だしでくつくつ煮込んだお鍋。モツはもちろんぷりっぷり。
何より、このダシが格別!
こんな優等生なおダシは自分ではとれないなあ。
もちろん、最後のスープまで残さず頂きました。

■桜えびとスイートコーンのかき揚げ
f0219331_23161592.jpg

・・・サックサク、抜群の揚げ具合。
大きめの新鮮桜えびをたっぷり使っていて、スイートコーンの甘みと
えびの香ばしい風味がどちらも生きた一品。
食材の特徴をほんまによくわかってる。

■新じゃがとマッシュルーム、サーモンのグラタン
(だいぶ食べた後ですが・・・)
f0219331_23173375.jpg

・・・ごろごろ大きめカットのじゃがいもはほくほく!
マッシュルームも美味しい~。
サーモンは脂がのりすぎていない、肉厚ながらも締まったもの。
グラタンなどの料理にぴったりです。
濃厚クリーミーなグラタンに、この3つは最高の組み合わせ。

■玉ねぎと手羽元の和風煮込み
f0219331_23193237.jpg

・・・丸ごと入った玉ねぎは、しっかり火が通って柔らか~く、甘~く変身。
手羽元は簡単にほぐれるやわらかさ。
玉ねぎにも、手羽元にも、絶品ダシがしっかりしゅんでる。

■アボカドとモッツァレラチーズの和風ドレッシングサラダ(左)
f0219331_2320505.jpg

・・・濃厚な大きめカットのアボカドがたっぷりと、
良質なチーズ、甘み抜群のトマト。言わずもがなのベストコンビ。
自家製の和風ドレッシングがとてもあって、ほんまに美味しい!

■鯵の南蛮漬け(右)
・・・酢が程良くきいた優しい味。南蛮漬け好きにはたまらん!

■うずらの半熟卵の燻製
f0219331_23224095.jpg

・・・どうしたらこんな風になるの??驚きの一品。
ねっとりしたトロトロの半熟黄身は、しっかりと味がしみ込んでます。濃厚~。
こりゃあ、最高の酒のアテやな・・・
器もかわいい(たまたま発見したそう)!

アレコレと、気づけばメニューの大半を食べつくす勢いで(笑)。
どれも本当に美味しかった。

幸せオーラ全開の2人を前に頂く美味しい料理も、これまた格別やなあと
ほんわか温かい気持ちになった夜でした。
末永くお幸せに。。。

お祝いのステキなお花と、女子力UPグッズありがとう!!
これで磨きをかけて、自分もがんばりまっす。

はァ~、羨ましいのう。(いかん。最後に思わず本音が・・・)


<うまいもん 福の家>
(住所) 大阪市福島区福島5-9-15
(電話) 06-6455-9009
(営業時間) 17:30-23:00
(定休日) 月曜日

by vegebaka | 2010-06-18 23:33 | レストラン(大阪)

カフェでしっかりフレンチ 北浜【Le BOIS】

1号です。

女子の集いで、これまた1号が良く行くお店を紹介。
北浜のカフェ「Le BOIS」。
1階にあるフレンチ「La Tortuga(ラ・トォルトゥーガ)」の萬谷シェフがプロデュースするカジュアルライン。
カフェスタイルながらも、しっかりゴハンもお酒も楽しめる使い勝手抜群のお店です。
トォルトゥーガの料理はかなりしっかりポーションですが、こちらのルボワではその人気メニュー(一部)を軽めに楽しむことができます。
もちろん、料理の質・素材へのこだわりはお墨付き。

こちらのメニューも、野菜をメインにしたものが豊富で
野菜もお肉もお魚も、ちょっとずつ全部食べたい!というワガママに答えてくれます。

この日は女友達と若干重い現代アートを見たあと、ゆっくりディナーへ。

▼オーダー内容はこちら。

■玉ねぎのクリームブリュレ
f0219331_0262477.jpg

今、1号が最もはまっているメニュー。
見るからにブリュレですが、一口食べると「玉ねぎ~!甘~い!」。思わず感動。
玉ねぎの甘味と香りが本当に生きた、抜群のおいしさ。
キャラメリゼされた表面のカリカリ感も、濃厚な玉ねぎの甘味をさらに引き立てています。
玉ねぎの威力をビシビシ感じる一品です。

■リヨン風ソーセージとじゃがいもの温かいサラダ
f0219331_027422.jpg

リヨン風=直腸を使用した中太タイプのソーセージ。
緑色の粒状のものはたぶんピスタチオやな。
ペッパー系の香辛料もきいたひねりのある味。
ほくほくのじゃがいもと、別皿でサーブされる葉野菜と一緒に食べると、何ともバランスの良い優等生サラダ。
野菜がたっぷりとれて嬉しい。

■鰯の重ね蒸し(メニュー名忘れ・・・)
f0219331_0275380.jpg

肉厚の鰯と、分厚めにスライスされたじゃがいも、トマト、パプリカ、玉ねぎなどなど
いろーんな野菜をギュッと一体化させた一品。
ソースは、少し酸味がきいた爽やかな味。
一緒に食べると、それぞれの素材の味が生きているのがよくわかる。
ふっくら鰯は脂がのっていて、さっぱり野菜と本当にあう!

最後はチーズの盛り合わせとワインで〆。
こちらはチーズにもかなりこだわっていて、チーズ好きも納得のレアものが勢ぞろい。
ワインがすすみますよ~。

どれも質の良い素材を使っているのがわかる、丁寧な料理ばかりです。

ここのメニューは本当に何を食べても当たりで、
「定番の田舎風パテ」や、秋限定?の「きのこのオムレツ」や「にんじんのムース」、
上質なチーズと素材の妙を楽しめる旬のサラダなど、1号が感動した料理は数知れず。
カジュアルに本格フレンチが楽しめるお店って貴重やな。

ゆったりと、美味しい時間を過ごしたい時におススメです。
重苦しい現代アートにグッタリめの心も、一気に元気になった夜。
by vegebaka | 2010-06-11 00:34 | レストラン(大阪)

高齢ヨットと1号家ごはん

1号です。

普段、あらゆるチームに属している1号ですが、
かれこれ四年以上ドップリ漬かっているのが、ヨットチーム。
我がチームの船長が所有する小型ヨットで、シーズン中は毎週日曜に出港しています。
f0219331_23584479.jpg


セレブ風に言えば、クルージング。
ですが、実際はセレブ要素ゼロの我が恒例(高齢)ヨットチーム。
もっとわかりやすく言うなれば、(若干社会的不適合な)おっさんたちが自由気ままに船に乗る会。

船上で飲むのはワインでなく、業務用缶コーヒー。
船上の食事は、主にケース買いしているカップラーメン。
チームウェアは、ユ●クロのウン百円のポロ(ボロ)シャツです。
なにか問題でも?

・・・とはいえ、若かりし頃はレースにも出ていた、キャリアあるメンバーばかり。
今では跡形もないけれど・・・。

ひょんなことから初乗りして以来、「私の居場所はここだ!」と即馴染んでしまった1号。
歴代の初乗り人たちは、変人おっさんたちが醸し出す特殊な空気に耐え切れず、
初回限りで去っていく中、自宅にいるような居心地の良さを覚えてしまった1号です。
気づけばどっぷりチームの1員に。

最近はとうとう本格的に高齢化問題に突入している我がチーム。
ヨットは、実はとても体力のいる乗り物。出航も停泊も1人では難しい。
昨年船長が病気で倒れたこともあり、1号も船舶免許はとりましたが、まだまだ戦力外。
なので最近は、船長の体調も考えたゆるやかコースとなっています。

シーズンに入ってから1号が乗るのは今年初。かなり久々です。
この日は天気も良く、最高の初乗り日でした。

海の上は、本当に気持ちいい。
人混みも渋滞もなければ、雑音もない。
ただ聞こえるのは波の音だけ。
(手巻きラジオで聴く阪神戦や歌謡曲が響いていることも多々あるけど・・・)

波に揺られて、風を全身で受けていると
心も身体も浄化されるような気がします。
身体中の強張ったモノが解きほぐされるような感じ。

そして何よりも、メンバーとの他愛のない会話や、
ただ共にいるだけで感じる、何ともいえない居心地のよさ。
きっと誰にも理解しえない、「うち流」の空気感が一番大きなリラックス効果だろうな。

この日は、早めに帰宅せねばならない1号のために
『休日のハーバー岸壁に強行停泊』という無謀すぎる試みを実施。(違法?)
もちろん桟橋なんか無く・・・
岸壁にある梯子状のものに何とか船をつけ、船を飛び降り、梯子を使って何とか上陸。
f0219331_01035100.jpg

「ありえんやろ!」という場所からおもむろに上陸した1号は、
嫌でも注目の的になってしまったのでした・・・。


・・・またまた野菜からかけ離れた話になりましたが。

初夏の太陽と海の照り返しで、体力を消耗した夜は
たっぷり野菜のおうちごはんで栄養補給しました。

1号ママが台所にいるタイミングをはかってパチリ。なので、完成型でないのが残念ですが。
f0219331_0111784.jpg


■野菜たっぷりローストビーフ風
モモ肉だからちょっとかたいかも・・・と心配してたママですが、全然柔らかくて美味しい!
付け合わせ(というかメイン?)の野菜は、炙ったネギ、玉ねぎ、ワカメ、小松菜。
タレはママ特製の生姜がきいた和風ダレで、さっぱりと。
肉ちょっとに野菜をどっさり合わせてパクっといくのが我が家流です。

■サラダ
手作りポテトサラダ、トマト、アスパラ。
いつも具が異なる我が家のポテサラ。その時々の食材、野菜を使って作る「きまぐれ」型。
ポテトサラダって、沢山の野菜を一気に使えるし、保存もきくからとても便利。
マヨネーズ控えめでヘルシー。

■人参&卵炒め
こちらは、細切りした人参とたっぷりの刻み生姜、卵を炒ったとてもシンプルな一品。
味付けは少し甘めにみりんをきかせて。
このシンプルメニューが1号は昔から大好きで、人参といえばコレ!という定番です。
お弁当のおかずにも最適。生姜をたっぷり使うのがポイント。

■揚げ出し野菜
素揚げしたカボチャ、なす、ピーマンを煮びたしにして、大根おろしとともに。
こちらも我が家の定番、ママの味。
日によって、人参が入ったりインゲンが入ったり、葉野菜が入ったり。

■いろいろめかぶ
ねばねば系が大好きな1号家。
ねばねばの王道、納豆やめかぶ、おくらには、いろんなものを混ぜて食べるのが常。
この日は、めかぶに、すりおろした(刻んだものも)山芋、刻み生姜をどっさり混ぜて。
すべて同量くらい入れて、がーっと混ぜてズルッといきます。最強にうまいっ!
ねばねば好きにはおススメです。

■アジの南蛮漬け
撮影後に登場のため、写真にとれず。
1号の大好物のママ特製南蛮漬け。強めにお酢が効いた我が家の南蛮漬けは、どこの店よりも美味しい!

■味噌汁(玉ねぎ、わかめ)ごはん

栄養補給にも、美容にも良いものばかり。
特に強い日差しを浴びた後は、たっぷりのビタミンCをとることが大切ですな。

この日は1号ママと1号の二人でしたが、ほぼ完食。
よく食べるのも母似です。
ごちそうさまでした!
by vegebaka | 2010-06-08 00:13 | つれづれ

ベジ中華再訪  肥後橋【農家厨房】

1号です。

絶品酢豚が食べた~い!と、お気に入りのベジ中華『農家厨房』へ。
実家が農家を営むシェフの、野菜たっぷり優しい中華がとても美味しい店です。
前回、写真をすっかり忘れていたので、今回はしっかりおさめてきました。
(しかしデジカメ忘れのため、写メ・・・)

■泉州野菜と海老とイカのあっさり炒め
f0219331_20523045.jpg

この日の野菜は、空豆、ピーマン、パプリカ、フクロ茸、ネギがたっぷり。
彩りも鮮やかな一品です。
もちろん、ぷりぷりの海老、イカもいっぱい入ってますが、メインは野菜!
ふっくら美味しい空豆がどっさりインは、豆好き1号にはたまりません。
パプリカもピーマンも甘く、夏野菜が美味しい季節やなあとしみじみ。
全体的に塩味ベースのあっさり優しい味。


■トマトのサラダ
f0219331_20531395.jpg

小ぶりの真っ赤なトマトは、味が濃い~い!
太陽をいっぱい浴びたイキイキとした味がします。
葉野菜もいろんな種類が使われ、どれもシャキシャキの新鮮歯ごたえ。
一つ一つが瑞々しいエネルギーにあふれていて。
今人気の変りダネ野菜プッチーナも入ってます。
トマト原産地はどこだっけ?という話が出て即答できなかった1号・・・
トマトは南米のアンデス高原が原産地でした。

■麻婆豆腐
f0219331_20534756.jpg

山椒が小気味よくきいた、本格派。
山椒以外にも、様々な香辛料が入っているのがわかります。
でもやっぱり全体的に優しい仕上がり。
ゴハンにのせて食べたら、何杯でもいけそう・・・

■ポリフェノール入り酢豚
f0219331_21436100.jpg

1号はここの酢豚が大のお気に入りです。
シンプルに、具は豚肉と刻みネギのみ。
大ぶりの豚肉は、肉質の良い豚でとてもジューシー。
でも全くしつこくも脂っこくもない、ヘルシーな酢豚です。
餡の酢加減も絶妙で、やっぱりパーフェクト!

■杏仁豆腐
f0219331_20594043.jpg

これも、ここで1番お気に入りのデザート。
杏仁豆腐というよりも、クリーミーなプリンのよう。
とろっとろで、ヨーグルトのような舌触りですが、とても濃厚な味わいです。

やっぱり、これだけ食べても胃にもたれないのがうれしい。
がっつり中華もいいけれど、たまにはこんなヘルシー中華はいかがでしょう。
by vegebaka | 2010-06-03 21:04 | レストラン(大阪)

野菜たっぷり韓国料理 天六【韓菜酒家ほうば】

1号です。

1号・2号ともに気になっていた韓国料理屋さんに行ってきました。
天六の商店街を少しそれたところにある、韓国料理『韓菜酒家ほうば』。
野菜をふんだんに使った、健康と美容によい本場韓国料理が食べられる人気店です。
この日も予約だけで満席。

まずは何といっても、このお店の目玉メニュー「ナムル盛り合わせ」から。
フル盛り合わせだと、なんと13種類!ですが、他のメニューも食べたいしな~と
この日は7種盛りにしました。

■ナムル七種盛り(日替わりの野菜)
f0219331_2295038.jpg

この日は、加賀ぶときゅうり・韓国かぼちゃ・ジャガイモ・まこもだけ・豆もやし・なす・春菊
がラインナップ。
ついでに大根キムチもオーダー。

ナムルはどれも優しい味付けで、いくらでも食べられる!
韓国かぼちゃは細長いきゅうりに近い形状ながら、味はしっかりかぼちゃ。
1号はやっぱり定番の豆もやしがお気に入り。2号は加賀ぶときゅうりが気に入り、単品で追加オーダー。
お気に入りナムルは単品追加注文も出来るから嬉しい。

キムチは、ベジバカが大好きなちょうどいい味付け。
ただ辛いだけじゃない、深みのある辛さと独特の甘みが本格的。
このキムチだけで、ビールがすすむ~!

■蒸し豚と韓国野菜盛り合わせ(キムチ付)
f0219331_2322217.jpg

蒸し豚は、余分な脂をすっきり落としながらも、旨みはちゃんと残した絶妙な仕上がり。
つけダレとして、塩、特製韓国味噌、辛めの特製ソースの3種が出てきます。
お好みの野菜に蒸し豚を入れ、キムチも入れて巻き、好きなソースで頂きます。
野菜たっぷりで、本当にヘルシー!
豚だけでなく、残っていたナムルなども盛り込んでパクっ。おいしい~!!
蒸し豚のほかにも、蒸し鶏や蒸しホルモンもあり、いろいろと楽しめそうです。

韓国野菜盛りには、韓国野菜のゴマの葉をはじめ、チシャ菜やサニーレタス、
トウミョウなどその時々に入る旬の野菜を数種盛り合わせ。
韓国野菜は痛むのが早いため、あまり多くは使えないそう。
韓国野菜は蒸し豚だけでなく、炒め物や鍋料理なんかを巻いて食べてもOK。

■チャプチェ
話に夢中で、写真忘れました。。。
韓国春雨のほか、豆もやし、玉ねぎ、しいたけ、にんじん、キクラゲなど野菜もたっぷり入ってます。
味付けは、あっさりちょうどいい、ほっとする味。
こちらも韓国野菜に包んで食べても◎。
韓国春雨は日本の春雨と違って、とても歯ごたえがあり、まるでアルデンテのパスタのよう。
野菜と一緒に食べるとそれだけで十分食べ応えのある、これまたヘルシーな一品。

この時点でおなかいっぱいになってしまいましたが・・・
鍋料理系やピビンバなどのごはんモノも美味しそうだったし、
あとは向かいのカップルが食べてた巨大アワビがどっさり入った特製おかゆも美味しそうやったな~。
事前予約必のサムゲタンも絶対美味しいに違いない!!

韓国料理は野菜をふんだんに使う料理が多く、また唐辛子をはじめとした
発汗作用や抗菌作用のあるスパイスをたくさん使う、とても医食同源にかなった料理。
その証拠に、韓国料理店で働く人はみんなお肌ツヤツヤ、パワフルやもんなあ。

よし。次回は大勢でいろいろ試してみよう!と早くも再戦を誓ったベジバカでした。

<韓菜酒家ほうば>
住所:〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋5-3-10
電話: 06-6353-0180
定休日: 木曜
営業時間: 17:00~1:00

by vegebaka | 2010-06-01 02:36 | レストラン(大阪)