カテゴリ:つれづれ( 44 )

復活!1号です。近況ご報告

タイヘン長らくご無沙汰しております。

もんのすごい久々更新の1号です。

この空白の期間、実にいろいろなことがあり、
いろいろなことに日々奔走されるがゆえに、更新もままならない状態でした。

長きにわたる沈黙を破り、久々の復活です。

そして、私事ながら、8年強勤めた会社を退職しました。

たった8年とはいえ、振り返ると実にいろんなことがありました。

どちらかといえば、辛く苦しいことのほうが多かった。
自分を限界まで傷つけて、もはや痛いことすら麻痺してしまうような
そんな状況まで追いつめてしまったこともありました。
とても、とてもきつかった。

でも。
今、改めて思うことは、
やっぱりこの会社に来て、本当に良かったということです。

失ったものや、刻まれた傷なんか到底比べものにならないくらい、
たくさんの素晴らしい出会いに恵まれました。
たくさんの人たちとの関わりの中で、ひとつひとつの仕事を創り上げることができました。

私はいつどんな時も、決して独りじゃなかった。
いつも誰かに支えられ、守られ、思いや力をもらいながら、ここまでこれました。
そんなすべてのご縁が、何よりもかえがたい大切な宝物。

退職という、ひとつの区切りを迎えるにあたって
本当に改めて、どれだけの人たちに愛をもらってきたかをビシビシと実感し
自分はなんて幸せものなんだろうかと感謝の気持ちでいっぱいになります。

私は器用な人間ではないので、
「利他的であること」、ただひとつ、それだけを心の軸にして進んできました。
この会社に入って出会えた尊敬する師匠の教えのもと。
クライアントのため、読者のため、関わる人のため、ただそれだけを思って全力で走ってきたので
媒体の営業マンとしては全然ダメなタイプだったと思います。

それでも、今こうして会社を卒業するにあたり、
改めて、自分がしてきたことは間違ってなかったと思えます。

この1か月強、連日本当にたくさんの人たちに送別会をして頂きました。

たくさんの花束をもらい、
たくさんの贈り物を頂き、
たくさん思い出を語らい、
そして、たくさんの「おつかれさま」と
たくさんの「ありがとう」をもらいました。

大好きなクライアント、大好きな代理店さん、共にお仕事した仲間、みんなみんな
「ほんとうに大変やったね、ほんとうにお疲れさまでした」と、
心に、身体中に、じんわりと沁み渡る温かい言葉の贈り物を下さって。

思いはちゃんと伝わっている。
それを感じた時、もうそれだけで、これまでの全ての辛苦が泡のように消えていきました。


『人を大切にすること。』
『感謝の気持ちを決して忘れないこと。』
『謙虚で在ること。』


どれも両親から言われてきた(というより、これしか言われてない…)、
生きる上での大切なこと。
それは、仕事だけじゃなく、全てのことに共通する1号の信条です。

今、自分の周りを見渡したときに、近くにいる仲間たちの多くが
この8年間で出会い、育んできた、かけがえのない人たち。
そんな宝物をこれからも変わらず、大切に、丁寧に、温め続けていきたいと思います。


会社の肩書がなくなった今、
1号はまっさらな1号です。

まっさらな1号が、今度は何色になるのか。
まだまだ未知ですが、どんな色になろうとも、変わらず繋がっていてもらえたら幸せです。

できれば虹色かマーブルになりたいのう。

そんなこんなで、これからもベジバカをどうぞよろしくお願いします。

2号との活動も鋭意精力的にやっていきますよ~
溜まりに溜まったベジバカネタも、これから随時更新していきます!!


2012年4月吉日 1号
by vegebaka | 2012-04-11 03:20 | つれづれ

2号監修の野菜スイーツ完成!

新たなプロジェクトに向けて、
最近、かなり密に打ち合わせを重ねているベジバカです。
この日も、モロモロの案件についてみっちり打ち合わせ。
場所はクロスホテルの「タブレスカフェ」。

穴場で居心地抜群なうえ、オーガニックコーヒーがおかわりし放題なのが嬉しい。
かわいいスイーツやパンケーキなどの軽食も充実で、最近お気に入りの集合場所。
ここでゆうに三時間は居座る、困った客の代名詞のようなベジバカです・・・。

進行中のプロジェクトについては、また改めてレポートします。

★今日は2号のお仕事進捗情報をひとつ。

2号が監修したスイーツ、
野菜のフィナンシェが完成しました!
f0219331_19154890.jpg

奈良ので大人気の「ラ・テラス」にて扱われる、オシャレで美味しいスイーツ。

このフィナンシェ、そこらの野菜スイーツとは違います!
植物性ステロールの第一人者である菅野教授とのコラボ。
美味しさはもちろん、栄養や素材の生かし方に徹底的にこだわる菅野さんと
同じくこだわり派の2号タッグで出来た、まさにこだわり尽くしたスイーツです。


良質な植物油を使用し、野菜本来の味を最大限に生かした優しいスイーツ。
味は、ほうれん草、トマト、紫いも、かぼちゃ、豆乳、黒ゴマの6種類。

1号は、ほうれん草とトマト、紫いもを試食しましたが、どれも美味しい!
葛粉が使われているから、口にしたときの上品なしっとり感がいい感じ。
ほうれん草は、葉野菜特有の青くささを消すため、上質の抹茶を使っています。
抹茶の風味の中に、フッとほのかにほうれん草が感じられます。
トマトは、食べる瞬間にふわっとくるトマトの風味が絶妙。ほんのりわずかに酸味を感じる爽やかな味。
紫いもは、お芋特有のまあるい甘さが生きています。

どれも植物性油を使用しているため、バターこってりのような重さはなく、
またお野菜の甘みが生かされているので、ちょうどよい甘さ。
3つぺろりと食べちゃいました・・・。(2人で分けましたよ!)

このスイーツだけでなく、
現在、野菜を使ったコスメなどの商品化も進んでいる2号。
着々と、2号の思いが詰まった「モノ」たちも次々と生まれています。
これらに思いをのせて、さらにたくさんの人たちに伝わればうれしい。


このフィナンシェは奈良のラ・テラスにて、10月中旬から販売予定。
他にも今後、販路は広がる予定です。
by vegebaka | 2011-10-03 19:20 | つれづれ

秋の1号家ばんごはん

めっきり秋めいてきました。

相変わらずの筆不精です・・・
野菜の美味しいお店もたくさん紹介したいところがあるのですが
ここはひとつ、

久々の1号家ばんごはん。
f0219331_1245883.jpg

この日の主役は、秋といえば!の、この特大サンマ!
f0219331_12443411.jpg


魚大好き家族にとって、秋のサンマは待ちに待ったごちそう。
サンマが出るから秋が好きと言っても過言ではありません。
もちろん一人一匹ペロッと食べます。毎日でも食べたいくらい。

そしてまいど、旬のお野菜もふんだんに並びます。
自然の恵みの彩り豊かな食卓。
食卓で季節を実感するって、当たり前のようで実は幸せなことです。
少し手間はかかっても、日々のことを丁寧に過ごすことが人生の幸せの大きな部分だと思うのです。


▼この日の献立

・焼き秋刀魚
 たっぷり大根おろしとスダチで!
・豚汁(大根、じゃがいも、にんじん、豚肉、しめじ、ねぎ、生姜)
 野菜たっぷり!生姜ごっそり!そして丁寧にダシをとるのが我が家流。
・トマトサラダ(しそ、オリーブオイル)
・白和え(小松菜、にんじん、ひじき、ゴマなど)
 すりゴマと少量のごま油を入れると、まろやかに仕上がりますよー
・浅漬け(きゅうり、みょうが、生姜、にんじん)
・かぼちゃ煮物
・野菜の煮浸し(かぼちゃ、ピーマン、にんじん、なす)
 野菜は素上げしてからおダシにつけこみます。大根おろしと一緒に。
・湯豆腐、ねぎ
・ところてん
・枝豆
・小松菜のおひたし


毎度のごとく、ちっこい三人でほぼ完食。
枝豆にところてんと、湯豆腐が混在してるとこあたり、季節の移り変わりをリアルに感じます(笑)

自然は時に猛威となって災いをもたらしますが、一方こうして命の恵みを与えてくれる。
それに感謝しなければと改めて思いつつ、噛み締めながら美味しく頂きました。
ママ、ごちそうさま!
by vegebaka | 2011-09-29 12:46 | つれづれ

新プロジェクト始動します

1号です。

台風一過とともに、すっかり秋のにおいが深まってきました。
食欲の秋。
芸術の秋。
読書の秋。

1号が真っ先に思いつくのは、やっぱりこのへんですが、
新しいことを始めるにも、秋は良い季節。

来年秋から、2号が中心となって
ある大きなプロジェクトが始動します。
この日は、フルPJメンバーが集まっての
初めてのキックオフミーティング。
f0219331_1431738.jpg


メンバーは、リーダーの2号
薬膳のエキスパート
栄養学のエキスパート
産婦人科の女医さん
そして、今のところサラリーマンの1号

1号以外は、各分野で大活躍のカリスマ先生方という、そうそうたるメンバー。
人としても女性としても、本当に素晴らしい方ばかりです。

本格始動は来年からですが、
今から詰めねばならないことが山ほど!

一体、どんなプロジェクトなのか?
それはまたおいおいご報告していきます。

こんな素敵なメンバーがタッグを組み、
それぞれの専門力・人間力をフル稼働させて創りあげていけば
間違いなく大きなムーブメントを起こすカタチとなるはず。

このご縁に感謝しつつ、ベジバカ、ますますがんばっていきます!
by vegebaka | 2011-09-23 14:42 | つれづれ

ついにあの歌が・・・!

相変わらずバタバタで、更新遅!な1号です。。。

先日。

「例のブツが完成した!」

との、2号からの一報を受け、急遽集合したベシバカ。
集合場所はベジバカ行きつけミナミの隠れ家『桃酔』

ベジバカ垂涎の様々な野菜もりだくさんのメニューや、全国から仕入れる新鮮魚介、
全国各地の食材を使った郷土料理や珍味など、目移りするお料理がずらり。
100は超えるであろうメニューの数々を、いつか全部制覇したい!という欲望にかられる私たち。
ほんとは誰にも教えたくない名店です。

この日は揃って、昼間にレセプションや試食会をこなしていたベシバカ、
「今日はそんなにおなかすいてないんだよね~」といいつつ・・・
気づけばテーブルには、並びきらない料理の数々が・・・。
そしてそれらを、写真におさめることも忘れ、全て食いつくす驚異の2人。

▼この日頂いたメニューはこちら。
f0219331_00541.jpg
f0219331_01839.jpg
f0219331_012253.jpg


・付き出し 紅芋のポテトサラダ
・鯵の南蛮漬け
・みょうがの酢漬け
・新生姜の酢漬け
・千葉産茹で生落花生
・モロヘイヤのチーズあえ
・無花果の揚げ出し
・淡路の新玉ねぎと桜えびとジャコのサラダ ⇒おいしすぎて×2
・泉州水なす
・焼きしいたけ


素材を生かした組み合わせの妙には、いつも感動。
無花果の揚げ出しや、モロヘイヤとチーズなど、思わず唸る美味しい出会いがあります。
素材勝負のシンプルで潔いお料理から、王道にちょっとしたひとひねりをしたお料理まで、
とにかく美味しくて、楽しくて、ワクワク。

はあ、ごちそうさま~★


・・・と、そうそう。本題を忘れるとこでした。

果たして、その「例のブツ」とは・・・?
ですね。

突然ですが、、、アボカドソングが完成しました!!パチパチ。

ええ、アボカドの歌(そのままやん)です。

政府認定の初代『アボカド親善大使』(メキシコ政府 MCS協会名誉後援)を務めている2号が、万を辞して、精魂込めて作った渾身の作であります。

スーパーで流れる「さかな・さかな・さかなー」や「だんご3兄弟」に次ぐであろう、
「気づけばリズムを口ずさんでいる系」洗脳型アボカド啓蒙ソング、とでもいいましょうか。

意図としては、様々な食育の場や、もちろん流通や飲食店などで
一人でも多くの人にアボカドを知ってもらい、食べてほしい!という狙いがあります。
政府の認可が出れば、恐らく今後様々なところで、この曲を流すことが実現するはず。

神がかり的なスピードで完成したこの曲、
主な音源は、2号の歌手活動仲間の天才音楽家・木村音登くんが、すばらしき才能と速さで手がけてくれました!
やっぱり天才やなあ・・・。そう感嘆せずにはいられない、私たちのイメージどおりのベースに、ベジバカ2人で歌詞やリズムを、さらに肉付けして膨らまし創り上げたもの。

そう。先日の奈良の夜、バールのカウンターで2人、
あれやこれやと思いつくまま、意味不明なコトバを口ずさみながら創り上げた歌。
相当怪しい2人組だったことでしょう・・・。

完成した曲は、とにかく、すごくいいっ!!!

一度聴けば、きっと誰もが口ずさまずにはいられない。
メキシカンなノリに、体を反応させずにいられない。
やたらと陽気な気持ちにならずにはいられない。

そして、気づけば心はもうアボカド一色。


簡単にいうとそんな感じです。

ただ今、CD鋭意制作中!
1号の思うままに創らせてもらう許可を得ているので、2号よ覚悟。
ジャケットも既にイメージはできてるで~。
アボカドの着ぐるみって、どこかで安くできひんかな・・・

アボカドソング、今年の紅白も狙えるかも(笑)。
そんなアボカドソングに乞うご期待ください。

バタバタながらも、徐々に、確実に、いろんなことが前進しているベジバカです。
by vegebaka | 2011-09-15 00:11 | つれづれ

歳越しを前に思うこと

ベジバカブログは、かなり停滞していますが・・・
歳越しカウントダウンブログを残そうと思います。

あと数分で、またひとつ歳を重ねる1号です。

この1年は、これまでの人生の中で
とてつもなく大きな痕を刻んだ年でした。
苦悩、自分自身との闘い、何だかそういう言葉がどうしても真っ先に浮かんでしまう、
そんな、長い長い日々でした。

相反する感情や状況に、一喜一憂、自問自答を繰り返した日々。

幸せと不幸
喜びと悲しみ
充足感と虚無感
ぬくもりと切なさ
希望と失望

・・・

たくさんの出来事やきっかけを、つど、苦しみ悩む繰り返しを重ねて、
たくさんのことに気づき、知り、学んだ1年だったと思います。


自分にとって一番大切なものはなんなのか、を改めて知りました。

人が出会うことの意味がわからなくても、
自分なりの意味をみつけることの大切さを知りました。

誰かを慈しむことの愛しさを知りました。

どうにもならないことが在ることを
それはどうにもならないことだと認識する強さを知りました。

そして何よりも、人間の弱さと愚かさを知り
そんな自分を受け入れることを知りました。

自分の中に在る、情けなくなるような愚かさや弱さや脆さ、
そんな負の部分をまざまざと知り
自己嫌悪に苛まれたり良心の呵責に悩まされて、苦しんで・・・

堕ちるところまで堕ちて
今は、
そういう愚かな自分も弱い自分も全部含めて、今在る自分なんだと、
そんな自分の全部を慈しみ、受け入れて
これからも前を向いて歩いていかないといけないと、思えました。


そして。
こんな私でも、心から思ってくれる人たちに支えられて必要とされて生きていることへの、
言葉にならない感謝の思いを、今まで以上に深く知りました。

共に苦しみ、共に痛みを感じ、
何があっても、どんなに愚かな部分を見せても、
それでもあなたが大事だよと、
ありのままのあなたが大好きだと
いてくれるだけで幸せなんだよと
そういってくれる仲間や家族の存在の大きさ。

それが、やっぱりこの1年で得た
すべてです。

新しい1年も、きっとたくさんの人に支えられて、力をもらいながら生きていく。
何があっても、そのことへの感謝の気持ちだけは忘れずに、
大切に日々を過ごしていきます。

ジェットコースターのような1年が終わる。
by vegebaka | 2011-06-22 23:56 | つれづれ

お酒と本のステキなコラボ

またまたまた更新が滞っております。1号です。
ネタがどんどん溜まるばかり・・・うう。

といいつつ。
溜まったネタをそっちのけで、野菜じゃないお話です。

日頃「会ってみたい!」と思う人はわんさかいるのですが、
その中の1人に先日お会いすることが出来ました。

ブックディレクターのBACH代表・幅允孝(はばよしたか)さん。
http://www.bach-inc.com/
本にまつわるあらゆることを総合的にプロデュースするクリエイターさん。

本のあるコーナーをつくる。
本屋さんをつくる。
本をつくる。

などなど。
情熱大陸にも出ていたスゴイお方です。

有名なお仕事ですと、羽田空港のエディトリアル・ショップ「Tokyo's Tokyo」や
関西では、阪急メンズ館の「THE LOBBY」などを手がけています。

その幅さんに、
先月梅田の富国生命ビル内にオープンした「アサヒラボガーデン」のイベントでお会いしました。

そのイベントというのが、これまた1号のツボをつく、ステキ楽しいイベント!
いつもお世話になっている某Rホテル広報のMMさんと参加。

お酒を傍らに、みなで読む。
『アサヒ ラボ・ガーデン リーディングクラブ』
~「酒の、呑みかたの、自由。」 テーマ本:「酒肴酒」吉田健一 ~


この『アサヒ ラボ・ガーデン リーディングクラブ』は、
BACH代表 幅允孝氏をファシリテイターに迎え、
1冊のテーマ本に関してお酒をのみながら語り尽くす読書会です。
ゲストと参加者と一緒になってテーマ本について語り合い、
後半では、参加者が持参した「お酒」をテーマにおすすめの本を紹介。
本とお酒を通じて理解と交流を深める時間をうみだします。

お酒と本がつなぐ新しい出会いと時間をお楽しみください。
・・・さすがアサヒ。
うつくしきコラボです。

しかもこのイベント、
ビールもシードルもウィスキーも飲み放題。しかもおつまみ付き!すべて無料!

この日のスペシャルゲストはMeetsの編集長・蔵さん。
お二人の本書評を軸に、そこに参加者も自然と巻き込みながら
どんどん場が和み、盛り上がっていきます。

本を愛する幅さんと蔵さんならではの視点、感性で語られる、テーマ本のあれこれ。
テーマ本を肴に、みんなで飲む。
まさにそんな時間。

ここは居酒屋かい?と幻覚にとらわれそうになるほど
打ち解けたざっくばらんなムードで、本当に楽しかった!

読書は、脳がクリアな状態で行うもの。もちろん素面で。と思いこんでいましたが、
こうしてほろ酔い(中には完全に酩酊のおっちゃんも)で本を読んだり、本について語らうのも楽しいな。
そんな新しい楽しみ方も発見。
(実際、吉田健一のこの本は、かなり酩酊状態で執筆されたものらしく、同じ酩酊状態で読むとスッと入ってくるらしい・・・)

途中、MMさんと1号による、Meetsへの新企画提案も(笑)。
MMさんが紹介した、女子が1人で行ける居酒屋の本(タイトル忘れた)をネタに、
「同様のものを、ぜひともMEETSでもやるべきだ!」との熱い主張に発展。
1号も加勢して、「SAVVYではアカンのですっ!やっぱりMeetsやないとっ」と熱弁し、
蔵さんはじめ、周囲を圧倒してしまった女子二人です・・・。
でも、絶対当たると思うのですよ、「おんなひとり酒場特集」。
未だ、ひとり酒デビュー出来ない1号のために、ぜひ前向きなご検討を。


東京では「バー読」なる、新たなバーの楽しみ方が流行ってるとか。
マスターが、オーダーしたお酒にあう本を薦めてくれたり、
周囲を気にせず読書をしながらお酒を楽しめたり、
本を媒介にして、客同士が本談義で盛り上がれたり。
なかなかオサレな文化です。

大阪でもつい最近、南船場に文壇バーなるバーがオープン。
芥川賞を受賞した玄月さんがオープンした、本を楽しむバーです。
本好きの1号としては、ぜひ行ってみなければ。

でも・・・
バー読、大阪ではなかなか難しそうやなあ。
なんせ、シラフでもようしゃべるしなあ。
お酒入って気持ちよくなったら、もっとしゃべる上に声も大きくなるし・・・
関西においては、バー読の浸透は若干ハードル高そうです。

イベント終了後、
MMさんと蔵さんが顔見知りだったつながりで、1号も幅さん、蔵さん、ともにご挨拶。
ベジバカ活動のこともさらりとPRさせて頂きました。
f0219331_22323643.jpg

結構な時間、ざっくばらんにお話してくださって、美味しいもの情報交換なども。

幅さんに教えてもらった、東京のバーニャカウダの美味しい店、今度行ってみよう。
またいつか来阪のときは、ぜひに美味しいもの&本談義をご一緒したいです。
道頓堀のたこ梅に負けない、これぞ大阪ツアーセッティングしますよ!

いつか、ベジバカとホンバカでコラボもいいな。
そうだ、ハコバカも加えよう。

夢と野望は膨らむばかり・・・。
by vegebaka | 2011-05-12 22:35 | つれづれ

2011お花見レポート続き

1号お花見レポートの続きです。

★4月2週目 <PESCADE主催の豪華お花見パーティー@北浜>
お昼間は、北浜にてお花見。
友人の行きつけカフェレストラン「PESCADE」主催のお花見パーティーへ参加させてもらいました。

ここは北浜の中心地から少し離れたところにある、隠れた穴場。
f0219331_9332797.jpg

f0219331_934103.jpg

川沿いの一角に大きな桜の木が密集していて、絶好のお花見場所なのです。

この日は、お店が豪華なお料理の数々を用意してくれました!
f0219331_9334417.jpg

お重に詰められた、目にも鮮やかなお料理は、どれも手の込んだものばかり。
春の食材が彩り豊かに並び、お花見を最高に盛り立ててくれました。
しかも野菜を中心とした自然料理がウリのお店なので、身体に優しい安心なものばかり。
ほんと、どれもこれも感動の美味しさでした!

お酒も各自持ち寄りもありで、ワイン、日本酒、焼酎にシャンパン・・・とわんさか。
この日はチャリティも兼ねていたため、オーナーさんが東北のお酒もふるまってくださったり。

まるで正月と誕生日が一気にきたみたい。
(実際、お誕生日を迎えたお客さんのお祝いもしてましたよ)

しみじみと、平和だなあと
その平和さに感謝する1日でした。

★さらに同日夜。
大切な人と、五月山に夜のお花見ドライブへ。
以前に夜景を見にドライブしたときに、その圧倒的な美しさに感動して、
桜の季節にまた来たいねと約束していて。

夜桜でも、お花見気分を楽しめたら。
そう思って、新町「日月餅」で小さな桜餅を2つ買っていきました。
ささやかでも心に残る思い出を作れたら。そんな気持ちで。

現地に到着したものの、山すその入り口のほうはかなりの人出。駐車場もいっぱい。
道沿いは満開の桜がずらりと並んでいて、とてもきれい。
前に来た時は全然気づかなかったけど、道沿いの木は全部桜だったんだな。
大学時代の果てしなく続く桜並木を思い出しました。
今でも、母校の桜が日本一と思っている1号です。

下の満車エリアを通り越して、以前登った山頂のほうへ。
上がっていくと、車はほとんどなく、前同様の静かな夜景スポットに。
夜景ポイントの突端のところに2つくらいベンチがあり、そこが最高のベスポジ。
この日も誰もいなかったので、前と同じベスポジベンチに座って夜景を独占です。

やっぱり圧巻の夜景。
パノラマに広がる夜景はどこもかもキラキラしていて、本当にきれい。
そして、随所随所には桜も見える。なんて贅沢な景色。

ベンチにすわり、念願の夜景酒と桜餅。(お酒は1号単独ですが)
夜景を見ながら、少し桜も見ながら、澄んだ空気の中で飲むお酒。
平和だなあ、このまま時間が止まればいいのに・・・と、月並みなことを考えてしまう。

こんな時だからこそ、
生活の明かりが輝いていること、街が動いていること、に感無量になります。
街が、人が、普段どおりに生きている、目に見える証。
震災で被害に遭われた街にも1日も早く、この明かりが取り戻せることを祈ります。

今年の春は、
いつもと違う重みがあります。
by vegebaka | 2011-04-25 09:36 | つれづれ

モテ期到来?

最近、ちょっとモテ期到来か?と思っている1号です。
・・・といっても同性に、ですけども。
先週1週間くらいの間に、同性からプレゼントを立て続けにもらいまして。
誕生日でもないのに何だかうれしいなあ。

▼まずこちら。
行きつけネイリストさんからもらった『こびとづかんランド』
f0219331_18575854.jpg

1号が早期からはまっていた「こびと」シリーズの新たなフィギュア。
今や巷で人気爆発の「こびと」ですが、1号はもう1年以上前から大注目&はまってまして。
1号の影響ではまって以来、そのハマリ度合が暴走特急化しているネイリストさん(笑)。

ついには、ネイルチップにまでこびとを描くほどに。。。
どんなにこびと好きといえども、あの小宇宙に「カクレモモジリ」を描くネイリストは、日本でただ1人なのでは・・・。

それからというものの、1号のために新作玩具をよく買ってきてくださるように。
以前までは、【こびとづかん】で、普通のフィギュアだったのに
【こびとづかんランド】になって機能付きにパワーアップしてる!!
ううむ、こびとシリーズ、加速してんな~。

「1号さんにはコレかなと思って」と彼女がセレクトしてくれたのは、
「カクレキノコビト」。
どのへんに「コレかなと思って」の決定打があったのか、若干ギモンですが(笑)、
すんごい嬉しい!!

いつか、勝負日に「こびとネイル」にチャレンジします。
(彼女の描くこびと、めちゃくちゃ精度高い)


▼お次はこちら。
会社の先輩かくれた、春色のかわいいシュシュ
f0219331_18591529.jpg

個人的なことで堕ち気味だった1号のために、明るい気持ちになれるようにと。
いつも優しくて、繊細な心遣いが素敵な、大好きな先輩です。
そして、1号の色の好みのツボをついている!
これも本当に嬉しい。


▼さらには、こちら。
ヘンなもの好き仲間でもある、会社の先輩からもらった『塩だれ』。
f0219331_1901268.jpg

どこかで見たことが・・・
おお!これは過去のブログにも書いた『スタミナ源たれ』シリーズではないですか!

ブログを見て下さっているIさん、
近所のお店でコレを発見したらしく、1号にと買ってきてくれました。
「1号が絶対喜ぶものみつけてん」と何やら自信たっぷりだったのは、これやったのね!
やっぱりヘン好き仲間は、ツボをついてる・・・。
タレを見て1号を思い出してくれるなんて、光栄すぎます。
本当に嬉しい。

早速夕食時に使ってみました。
まずにおいからして美味しそう~!
かなりパンチのきいたニンニクの香りが既に食欲をそそる・・・。

とりあえず、大好物の特大エリンギにシンプルにかけてみました。
f0219331_196262.jpg

うん、おいっしい~!!
ニンニクと黒胡椒が絶妙にきいていて、濃厚ながらも全くしつこくなく、意外とさっぱりしているのはやっぱり大量に使われている野菜の力か。
レモンの風味もきいていて、爽やかなアクセントになってます。
他にもいろんな野菜にかけまくって食べましたが、豆もやしが一番のお気に入りかな。

これは野菜でもお肉でも、何でも合いそうだな~
塩焼きそばやチャーハンにも使えそう。

▼そして週末には、
東京から遊びにきた親友がお土産にくれた『東京黒ばなな』
お土産の定番、でもこれほんとに美味しいんだよね。
今回は、堕ちきっていた1号のために、東京から飛んできてくれてありがとう。
言葉のとおり、本当に飛行機でスッ飛んできてくれたね。
嬉しくて、あったかくて、顔を見て話すだけで、どれだけ力をもらえたか。
離れていても、どこにいても心はすぐ傍にいてくれる。
いつもありがとう。大好きです。


いつもいつも、感謝してもし尽くせない
こうした周りの素敵な人たちの存在。
誰かを思いやったり、喜ぶことを考えたり、一緒に分ち合ったり、支えたり支えられたり、
人と人との「あったかいもの」の交換があるから、
生きていることがこんなに嬉しいんだな。

自分自身も、ささやかな「あったかいもの」を
たくさん与えられる人になりたい。

いやあ、それにしても
こびとも、ヘンなタレも、シュシュも、スイーツも、
みんな1号のことを実にわかってくれている・・・
それもまた嬉しいのでした。
by vegebaka | 2011-04-20 19:06 | つれづれ

関西の名店とのコラボ!@近鉄百貨店阿倍野

久々に
少し前の2号お仕事レポートをします。

震災が起きてからずっと、
被災地の方を思い複雑な気持ちに苛まれながら
大事な仕事の一つ一つに取り組んできた2号。

でも、こんな時だからこそ、
私たちに出来ることは、「今自分がすべきことを全力でやること」。
直接的な支援にならなくても、必ず、何らかの形で支援へと繋げることは出来るはずだから。
そのことを常に心に持ちながら、仕事も日常生活も含めて、しっかりと生きていこう。
ベジバカともに、そう心に刻みました。

昨年から引き続き
ますます嬉しい引き合いが増えている2号。

そのひとつ、
年間で近鉄阿倍野店さんとタッグを組んで、様々な取り組みをさせて頂いています。

今回は、雑誌ミセスとコラボした食の催事内にて
“特別企画 関 宏美セレクト インナー ビューティースクエア”と題して
2号の特設プロデュースコーナーを設置して頂きました。
(※同イベントは終了しています)
f0219331_9545085.jpg


大人気の同催事の中で、“インナービューティー”を テーマにした
一流シェフとのインナービューティーコラボレーション企画が実現 !

日頃からお付き合い頂いている関西の名店全5店舗が、2号のアツイ思いに賛同し、
通常ではありえない、このイベントだけのスペシャリテを作ってくださいました!
本当に「豪華!」の一言。

▼今回のご協力頂いたお店と、スペシャルメニューのご紹介▼

■大阪 北浜に本店を構えるミシュラン一つ星フランス料理レストラン
「ルポンドシエル」からは・・・
「牛ほほ肉のブレゼ」「12種類の春野菜のクラムチャウダー」

■中国 美食協会主催の中華料理の世界大会で一昨年、見事銅メダルを獲得された
「一之舟入」からは・・・
「厳選玉ねぎのジューシーしゅうまい」

■貴船 の名料理旅館「栃木久」からは・・・
春野菜たっぷりのこだわり弁当「京湯葉ちりめん弁当」

■祇園 の舞妓さんの中でも“おもたせ弁当”として注目を集めている
特選和牛焼き肉「徳」からは・・・
「春野菜を散りばめた特製牛カルビ弁当」「春野菜満載 近江牛サーロインステーキ弁当」

■テレビ、雑誌で大活躍の橋村シェフ 豊中のビストロフレンチ「HASHI」からは・・・
「リコピンたっぷり完熟トマトカレー」他


1号が行ったこの日も、大盛況。
どこのお店もお客さんでいっぱいでした!

そして13時からは、特設ステージで2号のトークショーも。
MCはFM802でおなじみのDJ大抜卓人さん。

今回ご協力頂いたお店とスペシャルメニューの紹介と絡めながら、
ここでしか聞けない、野菜ネタをはじめとするインナービューティートークを展開。
会場みなさん、ほほーうと聞き入ってくださってました。
たくさんのお客さんに集まって頂き、本当に感謝感謝です!

せっかくなので1号は自宅へのお土産に、一之舟入の特製シュウマイを購入。
f0219331_9561084.jpg


中華の重鎮・魏さんみずからが全国の農家さんを食べ歩き、
選び抜いた契約農家さんの玉ねぎをふんだんにつかわれている逸品。

一口食べると、あふれ出る上質な肉汁と、それに負けない玉ねぎの
甘みや薫りが一気に広がり、最高のバランス。
かなりの大きさでボリューム感もあるのに、たっぷりの玉ねぎで
あっという間にぺロっと3個食べました~
ほんとに美味しかった!

他のメニューは食べれずで残念でしたが、
連日盛況でかなりの売れ行きだったとか。
通い詰めて、全部のメニューを制覇する価値あったでしょう!

近鉄さんにも喜んで頂いて、たくさんのお客さんにも喜んで頂いて、本当に感謝の一言です。
これからも全ての人に感謝する気持ちを忘れずに、真摯にいこう。
by vegebaka | 2011-04-19 10:00 | つれづれ