カテゴリ:レストラン(奈良)( 3 )

久々の・・・ベジバカの休日

久々の更新、1号です。

いやはや、
気づけばもう8月。
気づけば、道端で発見する力尽きた蝉の数も増えてきました。

6月の誕生日を境に、急に更新が途絶え
「1号の身に何か・・・?」との声もちらほら・・・

ご心配かけてすみません。
誕生日の翌日にちょっとした出来事があり、一気に生活がガラリと変わってしまいました。
バタバタと忙殺されているうちに、あっという間に2か月。

人生、本当に何が起こるかわかりません。
でも、それでも人は前に進んでいくのです。

そんなこんなで、久々のベジバカの休日。

勢いでとった平日の貴重な夏休みは
2号のフィールドである奈良を楽しもう!ということで、2号に全面お任せ。

まずは奈良で待ち合わせ、ランチへ。

2号がセレクトしてくれたのは、新ノ口駅すぐ近くにあるフレンチ『Pinot・Noir』。
閑静な住宅街にそっと構える、シンプルなセンスが光る一軒。
こちらは、昨年奈良で実施された食の祭典「クーカル」で、
2号がコラボイベントをさせて頂いた小松シェフのお店です。

明るい店内は、柔らかな空気を纏った、上質で洗練された空間。
クロス、カトラリー、壁の装飾、飾られる花々、・・・ひとつひとつがどれも素敵。
こだわりぬいたそれら逸品が、絶妙な統一感でお店を彩っています。

この日は特別に、個室をご用意して下さり。
f0219331_21483686.jpg

昼からなんて贅沢なひととき。2号さまさまです!

一番軽いコースで・・・と2号が事前にお願いしたのですが、
シェフのあたたかいお心遣いで、ディナー並のスペシャルコースを提供してくださいました!
ほんとに恐縮です・・・
(※通常のランチコースではないのでご注意を・・・)

まずはスープ。
カボチャとオマールエビの冷製スープ
f0219331_21492231.jpg

オマールの濃厚なエキスと、かぼちゃのほっくりした甘味が抜群のスープ。
底にはたっぷりとオマールエビも。

次に前菜。
新サンマと旬のお野菜のマリネ
f0219331_2150267.jpg

肉厚の新サンマは脂がのって、ぷりっぷり!最高においしい!
下に敷かれたみずみずしい茄子と爽やかなソースとあわせて頂くと、よりいっそう美味。
添えられたゴーヤのフリットや、水なす、おくら、みょうがなど、旬のお野菜も主役級。
シェフがこだわりぬいて選ぶ、この日最高の新鮮野菜は、味が濃くてたくましい。
やはり、地元奈良の農家さんのお野菜をメインに使っています。

続いてお魚。
この日は、沼島のホウボウのソテー
f0219331_21511840.jpg

付け合わせには、さつまいもにかぼちゃ、人参にトマト・・・と、これまたたっぷりのお野菜。
ホウボウは、皮目はパリッと身はふっくらふわふわ。これ以上ない焼き加減。

鱧と花嫁で有名な沼島のお魚は、とても新鮮で良いものばかりなんですって。

そしてさらにお肉まで!!
ランチにはもったいなすぎるこの贅沢さ・・・。
この日のお肉は、大和牛。
f0219331_2152366.jpg

上質な大和牛は、身がしまり脂分が少ないのに、驚くほど柔らかジューシーで、お肉本来の味わいがとてもする。
アスパラやたくさんのキノコ、ほくほくのじゃがいもなど、やっぱり野菜もお肉に負けない美味しさ。

こんなにモリモリのスペシャル料理をペロッと完食し感動ひとしおのところに、
これまたスゴイ、スペシャルデザートがっ!
f0219331_2153672.jpg

プリン、米粉の抹茶シフォンケーキ、アズキ風に炊いたレンズ豆、黒糖と抹茶のアイス、そしてとても珍しい青い無花果。
完熟した青無花果は、小ぶりながらもとーっても甘いんです。
どれもこれも最高に美味しくて、はあ、幸せすぎる。。。

〆のコーヒーまで本当においしくて、とにかく丁寧なお仕事ぶりを実感する、拍手喝采のすばらしさです。

最後にはシェフも顔を出して下さって、いろいろとおしゃべり。
とても真摯で冒頓なお人柄が素敵なシェフとマダム、
その人柄がお料理の一つ一つ、サービスの一つ一つに滲み出ています。
それがまた、料理をさらに美味しくする無敵のスパイスになっているんだなあ。

本当にごちそうさまでした!
平日にこんな贅沢な時間を過ごせるなんて、本当に感謝です。


幸せランチを堪能した後は、これまた奈良で活躍する2号の素敵な仲間、
『コンフィチュール fumi』のふみちゃんが新しくオープンした
『narayamasou 高田パンケーキカフェ FLOW』を訪問。
http://confiturefumi.com/top.html
f0219331_21571023.jpg


「コンフィチュール fumi」は、今では全国で大人気の、野菜や果物を使った珍しいコンフィチュール専門店。

コンフィチュールはすべて、ふみちゃんが一人で、奈良吉野の工房で手作り。

その日に出会った野菜や果物たちと対話し、その素材ならではの個性を大切に、すべて手作りで丁寧につくっています。
食べ手への思いだけでなく、素材を作る農家さんへの感謝の思いもたっぷりこめて、コトコトコトコトお鍋と向き合っています。

そんな作り手さんの思いも入った渾身のコンフィチュールたちを、もっと多くの人に、もっと楽しく食べてもらいたい!との思いから、
コンフィチュールとの相性抜群の、パンケーキ専門カフェをオープン。
東京では既に人気のパンケーキ専門店、奈良ではまだまだ珍しい。

もちろん、こだわり職人ふみちゃんのパンケーキですから、そこらのパンケーキとは違います!
f0219331_21582715.jpg

独自に配合したfumiのパンケーキ生地には、牛乳を煮詰めて作るミルクコンフィチュールを練り込んでいます。
さらに、牛乳ではなく豆乳とヨーグルトを、バターの代わりに太白ごま油を使っているのが特徴。

後味があっさりとしていて、ちょっとヘルシーに仕上がっているので、女性にもうれしい。

そして、こだわりパンケーキをさらに美味しくするのが、fumiのコンフィチュールたち。
いろいろなコンフィチュールとともに楽しめるメニューなどもそろえていますよ~。

この日はSAVVYの撮影後だったこともあり、撮影用の材料でパンケーキとコンフィチュールも全種類だしてもらっちゃいました!
f0219331_21591049.jpg

f0219331_21593734.jpg

青トマト、トマト&オレンジ、玉ねぎ、ラズベリー&いちご、キャロット&オレンジ、
などなど。。。(※通常のメニューでは、コンフィチュールはこんなに出ないと思われます・・・)
おまけに果肉たっぷりのドリンクまで!(南高梅のソーダ割&すもものソーダ割)
f0219331_2212129.jpg

つい今しがたガッツリフレンチを食べた私たち・・・
驚異の胃袋で、全く問題なく食べる。そしてテンション高(笑)。おいし~い!

確かに、しっとりした食感、そして思ったよりさっぱりと頂ける生地はこれだけでも美味。
でも、やーっぱり、このいろんなコンフィチュールをちょこっとずつ楽しみながら食べられるのが女子心をくすぐるなあ。

今後は限定数食で、奈良のシェフたちとコラボしたランチも始めるそう。
一体、ひとりで何人分のことをしてるん~!?と驚くほどパワフルなふみちゃん。
奈良には、こんな素敵な女子たちがたくさんいるのです。
2号、地元でこんな仲間がいるのはとても心強いね。
またみんなで一緒になって、いろいろとおもしろいことやったろうぜ!と盛り上がりました。

こちらのカフェ、営業は金土日のみ。
週末のステキなブランチに、ぜひ行ってみてください。

そうしてワイワイやってるうちに、既に夕方に・・・

ずっと食べ続け、しゃべり続けるベジバカ。
さらにそのあとも、バールでもりもり野菜を食べつつ酒を飲みつつ
「ある(ビッグ)プロジェクト」の打ち合わせをするのでした・・・

このおもしろプロジェクトの話は、また改めて!


<ピノ・ノワール>
奈良県橿原市新口町102-10
TEL:0744-29-4714
営業時間:11:30~13:30(LO)  18:00~22:00(LO)
不定休



<高田パンケーキカフェ ナラヤマソウ ~narayamasou>
奈良県大和高田市片塩町8-10
高田市駅から236m
営業日: 金土日

by vegebaka | 2011-08-27 22:08 | レストラン(奈良)

奈良で極上のワイン&スペシャリテ 【ビストロ ル・クレール】

先週末は、夜から奈良へ。
講演とレセを終えた2号と合流し、
奈良「もちいどの商店街」にて実施された「酒食楽横丁」というイベントへ行きました。
奈良の飲食店や野菜ソムリエ、酒蔵さんなどが有志で集まり屋台を出す、街中バールのようなお祭りイベント。

奈良の野菜ソムリエ仲間や、2号繋がりの作り手さん、クーカルのディレクター、県の方々などなどたくさんの人とご挨拶。
ワイワイがやがや、まさにご近所のお祭りといった感じです。
f0219331_1920769.jpg


ひとしきりご挨拶した後は、
野菜ソムリエ仲間が作る「大和ちぢみ」で腹ごしらえ。
f0219331_19244522.jpg


大和野菜の「大和まな」やミンチ肉のたっぷり入った、少しピリ辛のちぢみ。
さすが野菜ソムリエでもあり料理研究家でもあるHちゃん、屋台とは思えぬ美味しさ!
余裕で完食。ありがとう~★

そのほかにも、酒蔵さんの地酒や、コンフィチュールfumiのコンフィチュールがのった特製パンナコッタなどいろいろと頂きました。

1300年祭真っ只中にあり、活気付いている奈良の元気が伝わるイベントでした。
みんなで「1300年祭を盛り立てよう!」という、一致団結したパワーがみなぎる感じ。
それに全面的に携わっている2号の相棒として、1号も全力で応援したいと思いました。

まだまだ続く1300年祭、がんばってください!

イベント後、2号のオススメ『ビストロ・ル・クレール』へ。
近鉄奈良駅すぐ近くにある、とても素敵なビストロ&バー。
この日は、地下にあるバーのほうに寄らせてもらいました。

吉崎シェフは、一見コワモテですが・・・めちゃくちゃいい人!
2号がぜひ一度コラボしたい!とラブコールを送るくらい、
おもてなし精神に溢れた、熱意と愛のある素敵なシェフです。

バーのほうは、まるでワイン貯蔵庫のような驚きのラインナップ!
しかもどれもこれも、ワイン好きのシェフのお眼鏡にかなった上質なものばかり。稀少なワインも沢山揃っています。
その稀少なワインを求めて、県外から訪ねてくるファンが多いこともうなずける。


バーでも軽く食事は可能ですが、この日は
「ワインにあう、野菜と魚メインの軽く美味しいものが食べたい!」と無理難題をお願い。
すると・・・
2号スペシャルということで、特別にすごいものが出てきました!!
f0219331_1922499.jpg

もちろん、メニューにはないスペシャリテ。

手前から、
■たらばがに
~たくさんのお野菜(アスパラ、トマト、おくら、ブロッコリー)と一緒に。
こんな極太のたらば、久々にお目にかかりました~。
太くても、中身の詰まった最高の味。野菜もどれも甘みが強くて美味しい!

■オマール海老
~抜群の歯ごたえのレンズ豆が下に。
これまた立派なオマール!贅沢すぎる。。。
レンズ豆との組み合わせも抜群です。

■まながつお
~新鮮まながつおをさらに引き立てるのは、葉わさび、玉ねぎの酸味の効いたピューレ。
まながつおはぷりぷり。それだけでも美味ですが、ピューレの玉ねぎの酸味がとってもあう。
上にのっている、カーネーションのような白いものは、なんとチーズ!
スイスのチーズ「テットドモワンヌ」。ほのかな甘みと濃厚な熟成味が特徴のチーズ。

ワインもいろいろと出して頂きました!

当たり年の2005年モノのシャルドネは抜群のバランス。
2006年と2007年のリードル。
リードルは、ソムリエさんの説明によると、「キユーピーのようなほのかなゴムのにおいと味わい。」
き、キューピー?!それは想像できん・・・と思いましたが、実際に飲むとなるほど!
ひねりの効いた、とても美味しいワイン。
2007年モノのロワール地方のワインもフルーティで美味しかった。


途中、三輪そうめん山本の社長さんも来店し、グルメネタで盛り上がり。
食情報にとっても詳しい社長、とっておき情報をいろいろ教えて頂きました。

どんどん広がるシェフとの輪。
すべてのご縁を大切に、いつか素敵なことしよう!

<ビストロ・ル・クレール>
住所:奈良県奈良市高天町48森田ビル
電話:0742-27-6060

by vegebaka | 2010-10-20 19:28 | レストラン(奈良)

そこに大仏があるから。 奈良【イ・ルンガ】

とうとう2号初登場!
ということで、
今回は2号のホームグラウンドである奈良のレストランを紹介します。


お店を構えるとき、立地というのはかなりの重要ポイント。
人の動線はどうか、どのような層が多いか、駅に近いか、騒音は?・・・などなど
あらゆるリサーチをもとに決める場合が多いでしょう。

しかし。
「リストランテ イ・ルンガ」の堀江シェフの場合はちょっと違う。
縁もゆかりもない奈良の地に店を構えたその理由。それは・・・

「大仏さんの目の前だから」。

そう言って説明すれば、どこの国の人にもわかる。
地図が要らないでしょう、と。

おお、なんて潔い。
そして視点がグローバル!
それを聞いただけで、とにかくツワモノであることを確信しました。

それもそのはず、堀江シェフは、
イタリアで長年修業をし、2004年イタリア版ミシュランで日本人初の一ツ星を獲得。
帰国後、数年間の準備期間を経て西麻布に「ラ・グラディスカ」をオープン・・・
という華麗なる経歴をもつ方なのです。

以前実施された奈良の食イベント「クーカル」のお仕事で2号が知り合ったご縁で、
今や予約困難な人気のお店に伺わせて頂きました。

イ・ルンガは、東大寺目の前の、古い武家屋敷を改装した風情あるお店。
大和食材を初めとする全国各地のこだわり食材を用いたイタリアンレストラン。
特に、奈良の大和野菜や大和牛など地元ならではの食材を中心に、
そのほか、全国各地の厳選食材を自らの足で探し、作り手との交流を重ね、とことん吟味して使用しています。

▼少し前になりますが、この日のコースメニューはこちら。
 確か10,000円のコースだったと思います。

f0219331_20115785.jpg
f0219331_20124840.jpg

f0219331_20133083.jpg
f0219331_2014846.jpg

f0219331_20145193.jpg
f0219331_20152349.jpg

f0219331_20155634.jpg
f0219331_20163013.jpg

f0219331_2017367.jpg
f0219331_20174319.jpg

f0219331_20182383.jpg


すべてが、ため息の出るような美味しさ。

かなりボリューミーな構成にも関わらず、
「ねえ、2号。気のせいか、満腹どころかどんどん食欲が湧いてくるんやけど・・・」
「私も。まだまだおなかに入る気が・・・」

本当に良いものを使った料理って、胃もたれとは真逆で、胃を活性化させるんだなと
ひしひし実感する1号・2号でした。


単に、ブランド食材だから、珍しいから、・・・といった理由ではなく
作り手を知ってこそわかる本当の食材の価値を、一流の腕前で最大限に引き出す一皿。
すべての料理が主役、そして一皿に盛り込まれたすべての食材が主役であるような
そんな印象を受けました。


『大和野菜の魅力』については、また後日熱く語ってね、2号。


PS:シェフ、いつか2号店を出す際はぜひ、茨城県の牛久大仏の前に。
ギネスに登録されている世界一巨大な仏像です。


<リストランテ イ・ルンガ>
■住所: 〒630-8212 奈良県奈良市春日野16 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」内
■電話:  0742-93-8300
■営業時間:11:30~15:00、17:30~22:00
■定休日: 不定休

by vegebaka | 2010-03-06 20:34 | レストラン(奈良)