人気ブログランキング |

カテゴリ:レストラン(大阪)( 45 )

心斎橋の隠れ家イタリアン 【つじもとパスタ店】

なかなか落ち着かない毎日で
相変わらず更新が滞っています。
気づけばまた一つ歳をとる6月がやってきてしまいました・・・
早いなあ、1年。

師匠に喝を入れてもらったことですし・・・、ここらで復活を目指さねば。
てなことで、
溜まりに溜まっているネタを少しずつ昇華していきます。。。

元お仕事仲間のクリエイターさんと久々の集い。
「こびとづかん」をはじめ、ジャンルを問わぬおもしろネタを超先取りで1号に教えてくれる、おもしろアンテナ高感度の人です。
それはもう、神がかり的な域に達しています。
この日は、心斎橋のイタリアン「つじもとパスタ店」へ。
少し奥まったところにひっそりと構えるお店です。

店内の雰囲気も落ち着いていて、周囲の喧騒をまぬかれて
ゆっくり過ごしたいときにオススメ。

まずは前菜盛り合わせをオーダー。
f0219331_2156153.jpg

お皿から溢れんばかりのバラエティ豊かな前菜がこのとおり。
どれもしつこくなく、何よりも野菜が多いのが嬉しい。

そしてアンチョビのピザ。
f0219331_21565544.jpg

薄いパリパリ生地がおいしい。ぺロッと食べられてしまう軽さです。
この日は食べずでしたが、店名のとおりパスタも美味しい。

そのほか、オリーブやスライストマトなどの軽いアテも。
久々の話に花が咲き、ワインも1本空け、ごきげんな夜。
またも1号のツボを知り尽くした新ネタをいっぱいくれました。

こういう、パワフルで感性豊かなクリエイター仲間がいるから
心が堕ちてるときでも、ぐんと上がることができる。
人に救われ、人と生きてることを実感します。

教えてくれた絵本BAR、ついついフライングしちゃったけど
今度は一緒にいきましょね!

<つじもとパスタ店>
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-12
電話:06-6253-1757

by vegebaka | 2011-06-11 21:59 | レストラン(大阪)

新生OPEN!難波【わいんとおばんざい「季節」】

古くからの知り合いのお店、法善寺のフレンチレストラン「M's」が
このたび、創作和食としてリニューアルオープンしました。

わいんとおばんざい「季節」。

シニアソムリエールでもあるオーナー井上さんによる
上質なワインセレクトはそのままに、
お酒にあう、季節のちょこっとお料理を楽しめるお店に。
もちろん、お料理は井上さんの愛情たっぷり。

上方ビルに入っているこちらのお店、
上階には有名なトリイホールもあるため、フレンチ時代から落語家さんたちがよく立ち寄ってくださっています。
和バール使いが出来るとなると、さらにさらに盛況になりそう!

オープン初日、お祝いも兼ねて、ベジバカ揃って行って来ました。

出迎えてくださった、着物姿の井上さん、なんて美しい!!
10年程前に初めて会ったときから、その美女ぶりは全く衰えない魔女ぶりです。
和服姿は初見ですが、めちゃくちゃ似合います~。

これはもう、仕事帰りの心のオアシスとして
世の男性陣のハートをググッと掴むこと間違いなし。
しかも、美味しいお酒と和食があれば、そこはまさにパラダイス。
女子のベジバカでも通いたくなる雰囲気です。

この日は初日ということもあり、常連さんを中心に賑わっていました。
トリイホールの鳥居社長もご来店で、ベジバカ揃ってご挨拶。
ちょうどGWに、同ホールで催されていた寄席に行ったばかりの1号。
また嬉しいご縁となりました。

お料理は、お酒とともに楽しめる旬食材のちょこっと料理中心。
今月いっぱいは、前菜と宮城県石巻市の日本酒(津波にも流されなかったお酒)を1グラスお付けした「がんばれ東北セット」を用意しています。
ベジバカも、この日はこちらのセットと、かつおのたたき、すじの炊いたんを頂きました。
f0219331_19132529.jpg

f0219331_19135131.jpg


どれも井上さん手作りの、優しい丁寧なもの。
本当に美味しくて、そしてやっぱりお酒がすすむ。
和の前菜にもあう、キリッとした白ワインがとても美味。

疲れたとき、ほっこりしたいとき、もちろん楽しく集いたいときも
おすすめのステキなお店ですよ!

※お店は半会員制となるため、紹介が必となります。

<わいんとおばんざい「季節」>
〒542-0074
大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビル3F
TEL&FAX06-6211-2315
日曜定休
★営業時間は18時~22時ラストオーダー、23時閉店

by vegebaka | 2011-05-17 19:14 | レストラン(大阪)

2011花見レポート①&西北の野菜パラダイス

震災から早1ヵ月以上がたちます。
地震がもたらした大きな爪痕は、少しも薄れることなく
いまだに傷口を広げるような余震や不安を与えていて、
被災地の方の日々の不安と悲しみを思うと胸が痛みます。

少しでも、本当に少しでも早く、落ち着いた生活が取り戻せるよう心から祈るのみです。

そんな過酷なときでも、ちゃんと春はやってきます。

満開の桜。
ポカポカ陽気。
春のうららかなにおい。

関西もいろいろと自粛ムードではありますが、
やっぱり関西から元気を発信していかないと。
被害を受けていない私たちは、いつもどおり、普通にすることが一番大切なのではないかと最近は思います。

桜にとっては1年に一度のお披露目の場。
いっぱい愛でてあげないと、桜がかわいそう。
ということで、今年も例年どおりたくさんお花見をしました。

★4月1週目<毎年高齢(恒例)・ヨットチーム花見@夙川>

毎年同じ日、同じ場所、同じメンバーでやり始めて、もう十ウン年らしい・・・。
1号が参加し始めてからも、もう5年くらい経つのか・・・。
平均年齢50オーバーくらいの我がヨットチーム、改めてみんな年とったなあ・・・
そりゃ自分もオバちゃん化してるはずやなとしみじみ感じたり。
でも、こうして毎年仲間と集まれるのは何よりも幸せなことです。

毎年、この日は既に満開の夙川ですが、今年はまだ五部咲き。
やっぱり去年の猛暑の影響か、今年は全般的に遅いようでした。


そして同日夜は大阪・谷9へ移動。

★<2号&友達と絶景レストランにてお花見@谷9>

谷9の高津宮神社の敷地内は、溢れんばかりの桜で隠れた有名ドコロ。
その高津宮の敷地内か!?と思わんばかりの絶好のロケーションにある
レストラン「GROVE CAFE」
こちらで、2号とお友達Nさんとディナーを。

この日はテーブル席でしたが、カウンターだとこのとおり、
f0219331_19375526.jpg

前面ガラス張りの視界に満開の桜が広がります。
ほのかな照明の演出もあり、とってもキレイ。

来年は大切な人とカウンターで、、、と2号と誓った夜。

★さらに翌週は、
会社の先輩と兵庫県立美術館へ行った帰りに王子動物園に立ち寄り。
ここも桜が有名で、夕方からの夜間入場の行列が出来ていました。

この日の夜は最近お気に入りの、
西宮北口のこだわり野菜ダイニング「いつじ青果」でディナー。
旬の野菜をメインにした美味しい料理のほか、フレッシュ野菜のカクテルも。
気さくなオーナーの空気感も素敵なお店。

■前菜もりあわせ
f0219331_1939721.jpg

必ず頼むメニュー。どれもこれも野菜がモリモリで、幸せな1プレート!

■これも大好物。玉ねぎローストとイベリコ豚のラルド。
(何だか写真の色がどれも悪くてすみません・・・)
f0219331_19393912.jpg

この日は淡路島の玉ねぎではなかったので、少~し甘みがおちますが・・・
でも!ローストすることで何倍も甘みUPする玉ねぎの良さを最高に生かした一品。
1号大好物の一品です。

■いろいろおつまみ盛り合わせ
f0219331_19401869.jpg

ピクルスも入れて!などワガママも聞いてくれます。どれも美味!

このほかにも、お決まりの肉厚パテなども頂きました。

旬を感じられる、大好きなお店です。
春ですなあ。
by vegebaka | 2011-04-21 19:45 | レストラン(大阪)

隠れ家和食で春のごちそう 心斎橋【懐かなつか】

久々の2号との集い。
とにかく大忙しの2号、最近はなかなか2人での時間もとれず
「早く会いたい・・・」と、まるで恋人のようなメールを日々かわすベジバカです。

久々の集いの場に選んだのは、
かねてから2号をつれていきたかった、知る人ぞ知るミナミの名店
和食「懐 かなつか」
雑居ビルの8階にひっそりと佇む、メディアにも滅多に出ない名店です。
絶品料理と、カウンター越しに見える大将の華麗な仕事ぶりに、1号はすっかりトリコ。

この日も、いつもの「ちょこちょこっといろいろの八寸」をまずはお願い。
(決して正式なオーダー方法じゃないです・・・)
この、まいど感動の八寸を2号にも食べてもらいたかったのです。

次々と目の前に手際よく並べられていく、春色のお料理の数々に2号も大感激。
すべて揃うまでに手が伸びそうな誘惑を何とかがまん・・・。
そして、すべて揃ったのがこちら。

■八寸
f0219331_1910597.jpg

筍とわかめとうすいえんどうの煮物
筑前煮(うすいえんどう、蓮根、ごぼう、筍、こんにゃく)
海老しんじょうのあられ揚げ、鰆の西京焼
高野豆腐と鯛の子の煮物
カレイの南蛮漬け
ポテトサラダ
海苔とじゃこ入り玉子焼き

そしてこちらも。
■ゆで蚕豆
■トマトスライスと生湯葉のおさしみ


まだまだいける大食いベジバカ、追加でこちらの2品も。
■納豆といろいろ野菜のかき揚げ
■たらの芽のかき揚げ

f0219331_19124498.jpg


もう、どれもこれも本当に美味しい。美味しすぎる。
それしか言葉がない・・・

溢れんばかりの季節の恵みを頂いている幸福に包まれます。
お出汁の加減、野菜の火のとおり具合、お魚のふっくら感、しゅんだ煮物のお味加減・・・
どれも丁寧なお仕事が施された絶妙なあんばい。

しあわせ。
とにかく、その一言がこぼれます。

そして、2人尽きない会話。

ふだん寡黙な大将も、並々ならぬ2号の野菜愛を知り、一気に打ち解けて下さいました。
いつもどおり、野菜の話や作り手さんの話で盛り上がり、そしてやはり震災の話も。

茨城県ご出身の大将、ご自宅は無事だったと聞きホッとしました。


こうして、大切な親友と大好きな店で過ごせることも、
決して当たり前のことじゃないと、改めて感謝を心に刻む夜。
何があっても、これからも一緒にがんばろうと固く誓うベジバカであります。

<懐 かなつか>
TEL06-6213-3886

by vegebaka | 2011-04-19 19:14 | レストラン(大阪)

絶品韓国鍋で元気をチャージ 新福島【はるばん】

震災と同じくして、個人的なことで身辺騒がしく
長いこと更新を怠っておりました1号です。

徐々に復活させようと思います。

春ですし。
気持ちを新たに。

気分が堕ちているときにこそ、美味しいものを食べてスタミナチャージを。
韓国料理は、元気で前向きになれると「ほんまでっかTV」でもいっていたよ。
そういって友達がつれていってくれたお店。

新福島から近い、長屋エリアの路地を入ったところにある韓国料理「タッハンマリの店 はるばん」
メディアでもよく取り上げられている人気のお店です。
看板商品の「タッハンマリ」は、鶏一羽丸ごと入った韓国鍋で、こちらは関西初の専門店

韓国では夏のスタミナ鍋として大人気の韓国風水炊き“タッハンマリ”。
あっさり鶏ガラスープに、国産ハーブ鶏を丸ごと一羽入れ、香辛料を配合した特製タレ「タテギ」と、好みで刻みニラを付けていただきます。(これで2名分=鶏1/2羽)
f0219331_19124281.jpg


野菜もたっぷり入って栄養満点。
さらに鶏肉のコラーゲンや唐辛子のカプサイシンなども摂れ、
女子には嬉しい要素が詰まってます。

スープはじんわりと心まで包み込んでくれるような優しいお味。
単にあっさりではなく、力強い鶏のうまみが凝縮された、滋味深い美味しさ。
特製タレの奥深い辛味ととてもあう。

ぷるぷるの大ぶりな鶏肉は、骨までホロホロと崩れる柔らかさで
それこそ、骨の髄まで食べつくせます。
いろいろキノコやネギ、ジャガイモなどお野菜もたくさん。

そのほかに、大好きなナムルの盛り合わせと、野菜たっぷりのちぢみもオーダー。
f0219331_19133334.jpg

どれも美味しくて、栄養満点で、ソッコーで元気になれそうです。

いつもありがとう。
たくさん話を聞いてもらって、たくさん話を聞いて、元気もらった。

とても苦しく辛いことがあっても、
弱さも、愚かさも、何もかもを含めて受け入れてくれる大切な友達。
いろんなことを受け止めたり、励ましあいながら、また立ち直っていくんだ。
どんな薬よりも効く、じんわりした心のくすり。

落ち込んだときの、友の愛と韓国料理は、
最強の組み合わせであると知った夜。
ほんまでっかTV情報、ほんまやったな。

<タッハンマリの店 はるばん>
大阪市福島区福島3-8-10
06-4799-8680
17:30~24:00(LO23:00)

by vegebaka | 2011-04-13 19:14 | レストラン(大阪)

駅直結の本場スペイン料理! 淀屋橋【デルポニエンテ】

またも更新が滞っております。

身辺があわただしい今日この頃です。

またまた、店ネタストックが増えるばかり・・・
ボチボチ更新していきますので・・・

久々に集う女子仲間との会合。
京阪沿線勤務人との現地集合に便利な、駅直結で美味しいもの!
といえば、のオススメ店がここ。

淀屋橋odona1階のスペイン料理「ファロ デルポニエンテ」

本店「エルポニエンテ」の5号店で、パエリヤをはじめとする米料理をメインに
本場のスペイン料理を堪能できるお店。本格炭焼き料理なども。
スペイン産ワインや40種類のシェリー酒、各地方の料理も多数揃ってます。
隣接している「バル」では、気軽なタパスでチョイ飲みも。

この日はとっくりしゃべくりたいと、レストランのほうで。

何を食べても美味しくて大好きな店なのですが
一品一品がかなりボリューミーなのに、
やたらと大量発注を促されるという難点があるので、それだけご注意ください・・・
美味しいから、結局食べちゃうんですけどね~

▼この日はこちらをオーダー。

■塩ダラと焼き野菜のサラダ
f0219331_1894693.jpg

サラダというより、マリネに近いです。
程よく塩気のきいたタラに、パプリカや玉ねぎなどの野菜がたくさん。
さっぱりした前菜にぴったりの一品。

■ムール貝のコロッケ
f0219331_1810672.jpg

こちら1号のお気に入りです。
濃厚なムール貝のエキスがぎゅギュッと詰まった、クリームコロッケ。
貝の風味とクリーミーさが最高のバランス。何個でもいけます~

■白隠元豆とポテトのスープ
勢いあまって写真忘れた・・・
豆好き1号としては外せない、ほっこりほくほくのスープ。
シンプルなコンソメベースのスープに、お野菜とベーコンの甘みとコクが美味。
程よく煮崩れた大きなお豆がほくほく。
身体がほっこりあったまります。

■魚介のパエリア
f0219331_1820214.jpg

やっぱりスペイン料理といえば!のメイン。
ここではいろんな種類のパエリアがありますが、いつも王道を頼んでしまう・・・
海老やたくさんの貝類、帆立、などなど魚介類がふんだんに。
酸味がきいた、独特の爽やかでコク深い味はやっぱり病み付きになる。
絶妙に芯の残ったお米の具合もちょうどいい。

■デザート
f0219331_18204436.jpg

何ともかわいらしい不思議なフォルムのお菓子!
スペイン伝統菓子らしいのですが、、、名前を忘れた・・・
餃子の皮を揚げて砂糖をまぶしたような、サクサク軽くて素朴な美味しさ。
アイスと一緒に食べるのがベスト。

友達2人はこちらをチョイス。
もちろん、全部ちょこっとずつ味見。
f0219331_18212797.jpg



美味しい料理を食べながら、久々にゆっくり女子トーク。
三十路を超えると、それぞれの抱えるモノも、それに対する思慮も、どんどん複雑で重みを増していく。
手離しで楽しいだけの話や、
単純に幸せな話って、少なくなっていく気がする。

それでも、最後には前向きな気持ちになれるのは、やっぱり仲間のおかげです。
100%理解することは出来なくても、相手を思う気持ちが、心を軽くしてくれるから。
こうしてパワーの交換をしながら、日々のいろんなことを乗り越えていける。

もちろん、そこに美味しいごはんがあったらなお効果的(笑)。

いつも以上に、友達に支えられていることを実感する1日。


<スペインバル・レストラン ファロ デル ポニエンテ>
●バル
11:00~25:00
●レストラン
ランチ 11:30~14:00(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:00)
TEL:06-6223-2224

by vegebaka | 2011-02-23 18:22 | レストラン(大阪)

愛情たっぷり、絶品おいなりさん。 【いなりやこんこん】

関西人はみんな大好き!素朴なごはん、おいなりさん。
関東出身の1号家食卓には、あまり「おあげさん信仰」なるものはないので、
おいなりさんへのこだわり意識は高いほうではありません。
それこそ、コンビニのおいなりさんでも美味しいなあ~と思うタチ。

しかし、
それまでの意識を覆す、感動の絶品おいなりさんに出会いました!!

1号が大好きな小山薫堂さんも、大阪にくると必ずお忍びで来るという
瓦屋町「いなりやこんこん」

1号師匠の行きつけで、1号もお気に入りの周防町「和食 撫子」の
女将さんのお母さんが切り盛りしている、おいなりさん専門店です。


72歳のお母さんの人柄と、最強に美味しいおいなりさんで、根強いファンがいるお店。
美食家で有名な薫堂さんはじめ、有名人の常連さんも多いそうですが、
何よりも「あまり知られたくない」という共通の思いから、メディアにもあまり露出されません。

なので、ここでもざっくりした紹介だけ。

平日(月~土曜)の18時まで(売切れ次第終了)なので、内勤1号は未だお店に行ったことがないのですが、

先日「撫子」に行った際に、女将さんがお土産に用意してくれてました!

翌朝、ワクワクで蓋を開けると・・・なんともその美しさにびっくり!
f0219331_18281174.jpg

茶色いスタンダードな容姿を予想していたのですが、
まるで和菓子のような繊細な手仕事が施された、よそいきのおいなりさん。

上にのった具材もひとつひとつ、全部手作り。
中に入った刻んだ干ぴょうや、たぶん生姜漬けまで、全てが手作りの
お母さんの愛情たっぷりのおいなりさん。

どれもこれも、本当に手の込んだ仕事が施されていて
どれもこれも、手作りのぬくもり溢れるやさしい美味しさで・・・
思わず感動してしまいました。

あっという間にぺロッと食べつくし、
もっと食べたい衝動に突き動かされるくらいの美味。
薫堂さんが絶賛する理由がわかるなあ。

有休をとってでも、これは一度お店で食べたい!!
こんなステキなおいなりさんを作るお母さんにも会いたいな。

春になったら、このおいなりさん片手にお花見にいこう。
今からそれが待ち遠しい1号でした。
by vegebaka | 2011-02-07 18:31 | レストラン(大阪)

ベジバカディナー会実施! 【野菜物語せろり】

1号です。

年末にあった、とあるパーティーイベント。
「年忘れ2010 KOBE OPEN MIC PARTY!」
神戸で活躍するクリエイターやメディア人など、多種多様なキーマン達による忘年会です。

そのちょっとオモシロイ内容は・・・
「自分をアピールし、象徴するプレゼントを必ずひとつ(千円以内で)用意し、
プレゼントプレゼンテーション(プレゼントの説明)をOPEN MICの前で行っていただきます。そのプレゼントを貰いたい人が2名以上居た場合、「貰いたいプレゼンテーション」をアピールして、誰に差し上げるかを審査員が決定いたします!」

・・・という、一風変わったプレゼン式大プレゼント交換会、といったもの。

夙川のギャラリーヌーブを会場に、料理研究家・友兼さんのオシャレで美味しいケータリング付きで大いに盛り上がりました。
いやあ、楽しかった!!

そこで1号が持参したプレゼントは、

「ベジバカ1&2号と、野菜の美味しい店で1000円分の飲食ができる券」
(シニア野菜ソムリエ2号の独占トークつき!)


これ、かなりオトクなものです。
今や名レストランやホテルでトークショーをする2号を独占できるのですよ。
もちろんMICの前で、ベジバカPRも兼ねたプレゼントプレテもし、
その結果、素敵な女子がこちらを獲得してくれました!!
あわや審査員の酔いつぶれたおっちゃんに渡るとこでしたが・・・セーフっ

年をまたいで、先日やっとこその「ベジバカディナー会」を実施いたしました。

会場は2号とも「やっぱり聖地でしょ!」ということで即決し、
野菜パラダイス(←通称)堺筋本町「せろり」のいつものおまかせコースに。

▼毎回、言っておりますが・・・コレ2,500円のコースですよ~

~前菜3品より
■カマンベールチーズのフライ フランボワーズミルクソース
f0219331_12362883.jpg

せろりでフライは初めてかも。
濃厚なチーズのフライと、爽やかな甘みのフランボワーズがすんごくあう!
この一皿は、何と言ってもフランボワーズが完全に主役。
チーズとベリーとほんのりミルクの絶妙なマリアージュが食欲をかきたてる一品。

■海老の軽い燻製
f0219331_12364559.jpg

軽くいぶしたぷりっぷりの海老を、せろり特製のいつものソースで。
にんじん、せろり、玉ねぎ、・・・ととにかくいろんな野菜が入ったピクルス風のソース。
3日ほど寝かせて完成するとは、今回初耳でした。
これがどんな料理にもほんとうに合うんです!

■たいらぎ貝のソテー
f0219331_1237437.jpg

立派なたいらぎ貝はシンプルにあぶって。
帆立のような甘みと、弾力が特徴の絶品貝です。
せろり特製の粒マスタードソースが、これまた相性ばっつぐん。

添えられてるお野菜は、珍しい「ちょろぎ」。
素揚げしたちょろぎは、ホクホクでおいもさんみたいです。

■カブといろいろ野菜のクリームスープ
f0219331_12443428.jpg

とろとろのあま~いカブをメインに、そのほかにもいろんなお野菜が。
にんじんの皮なんかも余すところなく入っていて、本当に優しいスープ。
ほっこり身体中があったまります。

■スペシャルサラダ セロリドレッシングで
f0219331_12374358.jpg

いろいろな種類の大根と、葉野菜、今が旬のキャベツ(彩音)のサラダがこんもり。
このキャベツがなんともみずみずしく、そして甘いっ!
まるでデザートのようにいくらでも食べられてしまう美味しさ。
今の季節、美味しいキャベツはこの彩音と松浪がダントツだとか。
ベジバカには、いつも山盛りで出してくれるんです。ありがたや~

■やわらか牛タンの煮込み
f0219331_1238124.jpg

やわらか~く丁寧に仕込まれた厚切り牛タンは、簡単に口で崩れる柔らかさ。
添えられたお野菜は、白ごぼうと、前にも紹介した特大宇宙芋の素揚げ。

参加者のSさん・Hさんも、
この宇宙芋には今日イチの衝撃を受けてました(笑)。
すごい~!でかい~!こんなん初めてみた!と大盛り上がり。

■デザート
f0219331_12384012.jpg
 
グレープフルーツを凍らせて、ソルベ風に。品種は確かメロだったかと。
肉厚で酸味と甘みのバランスが絶妙な果肉。
やっぱり〆もフルーツなのが嬉しい。


いやはや!いつもながら、
美味しくて楽しくて、ワクワクドキドキの詰まったコースでした!

合間合間にはフロア担当・すみかさんが、いろいろと野菜についてレクチャーしてくださって、みんな驚いたり、感動したり。
これが、なんといっても聖地の醍醐味なんです。

野菜を知り尽くしている2号も、1号も、ここで初めて出会ったお野菜もたくさん。
いつも勉強させてもらってます。

チケットをゲッツして下さったSさんも、一緒に参加くださったHさんも、
お二人ともとても喜んでくださって、ベジバカも嬉しいかぎり。
本当に楽しく、あっという間の時間でした。
短い時間でしたが、野菜についてちょっと詳しくなって、より野菜愛が深まってくれたら嬉しいな。

せろりのひろしシェフ、すみかさん。本当にいつもありがとうございます!

後日、Hさんからは
「すみかさんのすっぴん肌の美しさ、目のクマのなさ、お元気さが
野菜の底知れぬパワーを物語っていました。野菜恐るべし、です☆」とのメール。
確かに、一番説得力のある脅威の野菜パワーですからね~

「ベジバカディナー」、また機会があればやりますよ★
by vegebaka | 2011-01-26 12:45 | レストラン(大阪)

有機野菜のほっこりおでん 肥後橋【わか芽】

冬ならではの美味しいものといえば。

いろんなものがありますが、庶民派1号が大好きなのは、
さむ~い身体を芯からあっためてくれる、あつあつのおでん。
そこに熱燗があればなおよし。
ああ、日本人にうまれて良かった~と、腹の底からしみじみ思う瞬間であります。
この感じ、日本人に刷り込まれた魅惑中枢のような気がする。

それに、おでんは野菜モノがメインであるため、たっぷりのお野菜を頂けるのも嬉しい。
ベジバカにはもってこいの料理といえます。

家で作ることもありますが、なんとなく、
しっかりしたお出汁でたくさんの量をくつくつ煮るほうが美味しいような気がして、
1号は外でおでんを食べることが多い。
熱燗も、家ではなかなか出来ないですしね。

おでんを食べるシチュエーションは数あれど、
雑多であればあるほど美味しいような気がするのは何でやろう。

むき出しの屋台で食べるおでん、
高架下の立ち飲み屋で食べるおでん、
寒空下でのイベントで食べるおでん、

何だか、おでんにはそんな無骨さが似合う。

1号が男に生まれていたら、
焼肉の似合う男よりも、バーが似合う男よりも、屋台のおでんが似合う男になりたい・・・
なんて妄想してしまいます。

・・・と、おでん論考が長くなりましたが。
そんな大好物のおでんが美味しい、1号お気に入りのお店が肥後橋の「わか芽」
季節の旬の有機野菜をメインに、定番から変り種までバラエティ豊かなおでんが勢ぞろい。
フルーツトマトやレタスなど、珍しいおでんもたくさん!
しかも、おでん以外の料理もぜーんぶ美味しい!

お店に入る瞬間から、おだしの幸せな香りに、冷えた体がじゅわ~っと溶けます。
店内も、木のカウンターとほんのり灯りがとても居心地の良い空間。

2号と行ったこの日は既に2軒目だったため、普段より少ししか食べられませんでしたが・・・
(十分食っとるやん!と突っ込まれそうですけど。)

まずはアテを少々。
菊芋の酢漬け
おばんざい3種盛り

f0219331_15364127.jpg

この菊芋の酢漬けに、1号2号ともに大はまり!
カリッとした菊芋の歯触りと独特の香りが、酢漬けにすると最高にひきたって美味。
めちゃくちゃ美味しくて、食べ出したら止まらない・・・

おばんざいは日替わりのお野菜で、この日は青菜系のおひたし2種とかぼちゃの煮物。
どれも薄味ながら、しっかりとしたお出汁を使っているのがわかる。

お野菜モノ以外の、魚やお肉もすべて新鮮素材なので、
どれを食べても本当に美味しいです!

そして、メインのおでん。
この日はあまり食べられずでしたが、いつもは大半のメニューを食べつくす勢いの1号です。

頂いたのは、、、
大根、白菜とろろ、きのこさん(きのこ3種類)、こんにゃく、海老しゅーなど。
f0219331_15375235.jpg

f0219331_1538189.jpg

最初の3品は、来ると必ず頼むメニュー。
特にきのこさんは1号お気に入り。
白マイタケや大黒しめじなど、日替わりのきのこが3種類。
どれもしっかり出汁をすいながらも、コリコリした食感が残る絶妙さ。
白菜とろろは、思わず白ごはんにかけて食べたくなる・・・。

どれも野菜が本当に甘くておいしい!!
そして何より出汁が美味しくて、いつもスプーンをもらってお出汁まで頂きます。
野菜の甘みとうまみが全部溶けだしていて、ほんとに奥深い味。
シンプルだからこそ、素材そのものの味がウソをつけない、直球勝負の料理です。

熱いお風呂に入ったときの第一声のような、
「ふはあ~・・・」
というため息的感嘆をしてしまう、滋味深い幸せが五臓六腑に沁みわたります。


「一軒目に来てたら、間違いなく全種類制覇してるよね・・・」
とは2人の共通意見でした。
お店の経営を揺るがさぬよう、私たちは2軒目づかいがちょうどいいのかもね。。。

寒い日が続きますが、あったかい冬のごちそうで乗り切りましょう!


<おでん わか芽>
住所 :大阪府大阪市西区京町堀1丁目15-8 NICEビル京町堀ビルB1
電話番号 :06-6445-1820
FAX :06-6445-1820
定休日 :毎月第1月曜日,第3日曜,月曜連休

by vegebaka | 2011-01-16 15:44 | レストラン(大阪)

新年初の野菜パラダイス 堺筋本町【野菜物語せろり】

寒い日が続いておりますねえ。
冷え性1号には拷問のような日々。
生姜を大量摂取しても、なかなか燃えてくれない冷徹な身体です。

ベジバカが愛する野菜パラダイス「野菜物語せろり」に今年初訪問しました。
今年もパラダイスの異名にふさわしい(勝手に呼んでるだけですが・・・)、
野菜の驚きと感動をもりだくさんで届けてくれるかな。

▼毎度おなじみ、驚愕のハイコスパ2,500円コース、本日の内容はこちら。
(デジカメ故障につき、写メですんません。)

<前菜3種>
■佐賀牛 
f0219331_18532184.jpg

ほんのり凍った状態の、ルイベ風の佐賀牛。
添えられた岩塩とともに頂くと、口の中で溶ける~
薄いスライス状なのに、とても主張してくる重厚な肉感。
のっけから、これが2,500円のコース内容であることが心配になる・・・

■田辺大根のコンソメ煮、グリーンマスタードソース
f0219331_18533926.jpg

カリフラワー、大根の葉も添えられてます。
ほどよくしゅんだ田辺大根は、大根の歯ごたえをちゃんと残した絶妙な染み加減。
じっくり丁寧に作られたコンソメスープを品良く吸い込んで、おでんとはまた違った洋のおいしさ。
しみじみ、おいしい。スープも全部飲みほしてしまいました~。

■サーモン 
f0219331_185404.jpg

軽くスモークした半生状態のぷりぷりサーモン。
特製の酸味がきいた(食べる)野菜ソースとともに。
燻した薫りがほわんと漂ってきて、それだけでビールがすすみそう。
肉厚のサーモンは、軽いスモークでよりいっそう深い味わいに。

■いろいろ野菜のクリームスープ
f0219331_18541852.jpg

しいたけなどいろんなきのこ、かぼちゃ、などの野菜がイン。
豆乳ベースなのかな?野菜の甘みが際立つ、とてもあっさりしたクリームスープ。

■トマトサラダ
f0219331_18544034.jpg

いろいろな種類のプチトマトのサラダ。
いつもはもっとたくさんの種類が出てくるのですが、この日は少し少なめ。
それぞれ甘みも酸味も違って、楽しい一皿。
特製のセロリドレッシングがトマトの甘みをさらにひきたてます。

■エアーポテトの特製マヨネーズソース
f0219331_1855345.jpg

またの名を「宇宙芋」。なんと特大サイズのむかごです!
東南アジア原産のヤマノイモ科の植物で、普通むかごではあまり感じない粘り気が特徴。
通常のむかごは大体親指大くらいですが・・・
この宇宙芋は成人男性の握りこぶし大はあります!
f0219331_18552936.jpg

でかっ!
うまく育てると赤ちゃんの頭くらいの巨大ムカゴができるそうな・・・。
味も食感も、じゃがいもと里芋の間くらいの不思議なおいもさんです。
シンプルに茹でた宇宙芋は甘みがあって、特製のマヨネーズベースのソースとめちゃくちゃあう!!
もちろん、マヨネーズも自家製。いろんなものが入ってます。
特に粒マスタードのプチプチした歯ざわりがよい。
しかも付け合せには、ちょっと珍しい茹でたちょろぎ。
茹でたちょろぎはゆり根のようなほっくりした甘みがあります。
小さい頃、おせち用の真っ赤なちょろぎが好きで、つまみ食いしすぎて怒られたなあ・・・。

■デザート 
f0219331_1855589.jpg

キウイ2種。
ほんのり赤いレインボーレッドキウイは、キウイとは思えない甘さ!
まるでスイーツのようなキウイです。

いやはや、やっぱりせろりのすごさには脱帽。
野菜がメインなのに、おなかいっぱい!
でも不思議と胃もたれしないんだなあ。

大阪野菜の素晴らしさを伝えたい!と、せろりで使用する野菜の多くは、
大阪の河南地方に毎朝仕入れに行っています。
そのほかにも、全国各地の珍しい野菜もたくさん登場。
だから、野菜の新鮮さと美味しさはお墨付き!

大満足の新年一発目の野菜パラダイスでした。
カラダに野菜パワーをチャージして、今年も元気に過ごそう!

<野菜物語せろり>
大阪市中央区北久宝寺町1-5-8 1F
電話番号 06-4705-0121
http://celery.timsnavi.com/

by vegebaka | 2011-01-13 19:02 | レストラン(大阪)